アムンディ・ヨーロッパ通信~EUのサマータイム、廃止が濃厚に

2018/09/14

健康面を重視する論調

EU(欧州連合)委員会は12日、2019年にもサマータイムを廃止する法案を議会に正式に提案しました。サマータイムの存続について調査したところ、84%が廃止が適当との回答を得ました。EUでは、現状は3月最終日曜から10月最終日曜まで標準から1時間進めています。しかし、健康面で問題があるとの回答が43%と最多で、エネルギー節約の効果も大してなく、交通事故が増える一因にもなっているなど、マイナス面が少なくないことが指摘されました。

夏時間側を選好する傾向は存続派に

サマータイム存続が過半数の国はギリシャ、キプロスの2ヵ国だけでした。そのせいか両者共、廃止したら夏時間と冬時間どちらを選択するかという設問では、夏時間を選択するとの回答が多数派でした。観光資源の多い国が、レジャーの時間を多く確保できる夏時間を選好するのはうなずけます。一方、高緯度の国では冬時間を選好する傾向が見られました。夏期は日の出が非常に早いため、時間を早める意味がないためと思われます。

201809141

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会