アムンディ・ヨーロッパ通信~Brexit後のアイルランドに改めて注目

2020/01/17

 

アイルランドの優位性

欧州連合(EU)の一員であるアイルランドでは、英国がEU離脱に向けて動き出した2015年(総選挙で保守党勝利)以降、直接投資が急増し、2019年は9月までの累計が667億ユーロと、年間では過去最大になる可能性が高まっています。アイルランドは、EUでは唯一公用語が英語の国であることを武器に、法人税率が12.5%とユーロ圏で最低に設定、知的財産に対する優遇税制を導入しているなど、企業の投資誘致に努めています。すでに多くの多国籍企業が進出していますが、英国のEU離脱を受けて、今後さらに多くの企業が進出する可能性が高く、経済の活性化が期待されています。

2月8日に総選挙

1月14日、バラッカー首相が下院の解散を表明しました。英国の「合意なき離脱」が回避されてBrexit(英国のEU離脱)に係るアイルランド側の懸案が払拭され、総選挙の気運が高まっていました。任期から1年程度の繰り上げとなります。現在、与党の統一アイルランド党と野党第一党の共和党が支持率で拮抗しています。両党はBrexit対応のために連立していましたが、改めて国民に信を問うて政治の安定を目指します。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会