ズームイン・インディア~積極化する景気対策-市場への影響は?

2019/10/08

景気減速を受けて、インド準備銀行(RBI、インドの中央銀行)が4日、政策金利であるレポ金利を0.25ポイント引き下げたほか、インド政府が法人税減税を発表するなど、景気浮揚への対策がより積極化しています。

財政、金融両面で景気刺激狙う

RBIは10月1~4日に金融政策委員会を開き、政策金利であるレポ金利を5.4%から5.15%へ0.25ポイント引き下げました。金融政策委員会は偶数月に開かれ、2月の会合から5回連続の利下げとなりました。2019年4-6月期の実質GDP成長率が前年同期比+5.0%と、約6年ぶりの低水準にとどまり、内需を刺激する必要がありました。8月のCPIが前年同月比+3.2%と低位で推移していることもあり、年内に追加で利下げが実施される可能性もあります。

また、インド政府は9月20日、投資刺激策として法人税減税を発表しました。実効税率(実際の税額の法人所得に対する割合)を30%から25%へ、新規に法人格を取得した企業には一定の条件の下で17%とします。これで、企業への投資を活性化させ、景気回復を目指します。

年内には各政策の効果で株式に追い風か

インド株式市場は7月以降伸び悩んでいます。法人税減税が好感され、SENSEX指数は9月20日、前日比+5.3%と急騰しましたが、景気先行き不安が根強く、上昇が続きません。

RBIは、2019年度(4月~翌年3月)の実質GDP成長率を下方修正(+6.9%→+6.1%)しました。しかし、年度後半に景気が上向くという見方は変えていません。市場参加者の企業業績に対する見通しも依然として強気です。現在は、まだ先行き不安がありますが、これまでの金融緩和の効果が年内にも徐々に出てくるほか、法人税減税によって経済活動が活性化してくると見込まれ、株式市場には追い風になっていくと期待されます。景気回復期待が高まれば、これまで軟調であったルピー相場も落ち着くと考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

 

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会