スペイン総選挙の結果について~EU体制への影響は?

2019/05/07
  1. スペイン総選挙は中道左派の社会労働党が勝利し、ほかの左派政党との連携を模索する流れです。
  2. 右派政党の台頭が注目されていますが、議席は多くなく、政治リスクを高めることはないと見られます。
  3. EU議会選挙では中道の勝利が予想され、EU体制を揺るがす政治状況の変化はないと見込まれます

政権の形はまだ不透明

4月28日、スペインで総選挙が実施されました。少数与党(前回選挙85議席)の社会労働党(中道左派)が、19年予算を否決され、議会を解散していました。

下院の選挙結果は社会労働党が勝利し、前回選挙比+38議席の123議席を獲得しました。社会福祉の充実を主張したことが支持されましたが、過半数(176議席)には届きませんでした。今後、急進左派でEU(欧州連合)懐疑派のポデモス(英語で”We Can”の意)との連立を図りますが、それでも届かず、現在、左派系地域政党との連携を模索しています。カタルーニャ州の独立志向が強い政党もあり、連携に向けた交渉の行方は現時点では不透明です。

一方、右派政党では、EU懐疑派で移民に厳しい政策を掲げるVOX(ラテン語の「声」の意)が、24議席と下院で初めて議席を獲得しました。ただし、政治リスクを高めるほどの議席数ではないと思われます。前政権を担った国民党(中道右派)は、議席を半分以下に減らす歴史的な敗北を喫し、穏健派カタルーニャ地域政党のシウダダノス(「市民たち」の意)は大幅に議席を増やしました。

201905077

右派台頭の流れもEU体制を揺るがすほどではない

今年は3月3日にエストニア、4月14日にフィンランドで総選挙が実施され、いずれも右派政党が躍進しました。スペインでも同様の流れが続いたことになります。ただし、いずれも政権は獲得できておらず、欧州の政治環境を大きく変えるには至っていません。

次の政治イベントは5月23~26日に実施されるEU議会選挙です。4月中旬に実施された世論調査によると、左派、中道、右派の議席ウエイトは、それぞれ34%、42%、24%と予想されています。14年の前回選挙と比べると、それぞれ-5ポイント、+3ポイント、+2ポイントと、左派の一人負けと右派の躍進が予想されていますが、中道が最も優位であることには変わりありません。全体的には右傾化が進むものの、EU体制が揺らぐような政治状況の変化は起きないと見込まれます。

年内では、さらに周辺国7ヵ国で総選挙や大統領選挙が控えていますが、大きな政治イベントを通過することになり、英国のEU離脱問題以外の政治リスクはひとまず落ち着くと考えます。

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会

コラム&レポート Pick Up