米国の19年1-3月期GDP統計速報~ドル・円相場の行方は?

2019/05/07
  1. 実質GDPは前期比年率+3.2%でした。全体は加速したものの、国内最終需要の減速が目立ちました。
  2. 減速傾向は年末年始が底であったと見られ、個人消費、設備投資等には底打ちの兆候が見られます。
  3. 当面は減速傾向が残ることや、足元では米中貿易交渉への懸念もあり、ドル高になりにくいと考えます

年末年始が底?

26日、米商務省が発表した19年1-3月期の実質GDP(速報)は、前期比年率+3.2%でした。2期ぶりに+3%台に回復しました。国内の経済活動に、減速の流れが続いているようすが見られました。

個人消費は前期比年率+1.2%と、前期の同+2.5%から減速しました。1-2月に自動車販売が減少したことから、耐久財消費が同-5.3%となったことが影響しました。また、設備投資が同+2.7%と、前期の同+5.4%から減速しました。うち、建設投資が同-0.8%、機械投資が同+0.2%と伸び悩みました。一方、外需(純輸出、輸出-輸入)の実質GDP(前期比年率)に対する寄与度が+1.0%と、3期ぶりのプラスでした。輸入が前期比年率-3.7%となり、プラス寄与となった(輸入はGDPのマイナス項目で、輸入の減少はGDPに対してプラスに寄与)影響が大きく、国内需要の減速が反映されたものと思われます。

ただし、関連する経済指標を月次でたどると、おおむね11月から2月に景気が最も減速し、3月以降は底打ちしつつあります。アムンディでは、これまでの利上げ効果で年前半は減速傾向が続くものの、その後は持ち直しに転じ、+2%台の成長ペースを維持すると予想しています。

201905071

当面はドルに下方圧力残る

ドル・円相場は、世界的な景気減速が懸念され、年末年始にかけてドル安・円高が進行しましたが、その後は緩やかなドル高傾向となっています。

年明け後、利上げ休止の観測が急速に強まり、景気の先行き不安が後退したことが、ドルが持ち直した背景にあると思われます。それでも、当面は景気減速が続くことから、長短金利の水準が一致もしくは逆転するような市場環境の中で、ドルの上昇は抑えられると見込まれます。大きく105~115円のレンジの下半分(105~110円)を中心に推移するのではないかと考えます。

201905072

アムンディ・マーケットレポートはこちら

http://www.amundi.co.jp/report/list.html

アムンディ・ジャパン株式会社
アムンディ マーケット・レポート   アムンディ・ジャパン株式会社
グローバル経済、金融政策、マーケットなどの動向、展望を、投資家の皆様に向けてタイムリーに分かりやすく解説します。本体であるアムンディ・パリからの経済、市場等の見通しも随時ご紹介します。
当資料は、アムンディ・ジャパン株式会社(以下、弊社)が投資家の皆さまに情報提供を行う目的で作成したものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。当資料は法令に基づく開示資料ではありません。当資料の作成にあたり、弊社は情報の正確性等について細心の注意を払っておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。当資料に記載した弊社の見通し、予測、予想意見等(以下、見通し等)は、当資料作成日現在のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。また当資料に記載した弊社の見通し等は将来の景気や株価等の動きを保証するものではありません。

アムンディ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第350号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会/一般社団法人 日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人 第二種金融商品取引業協会