トレードワークス <3997> IT 技術と金融知識を併せ持つ技術者集団

2020/04/17

証券会社向けシステム開発を中心に展開する情報サービス企業
IT 技術と金融知識を併せ持つ技術者集団

業種: 情報・通信業
アナリスト:大間知 淳

1. 会社概要
・トレードワークス(以下、同社)は、証券会社向けシステム開発等を中心と する金融ソリューション事業、FX(外国為替証拠金取引)システム事業及 びセキュリティ診断事業を展開する独立系情報サービス企業である。
・IT 技術と金融知識を併せ持つ技術者が 19/12 期末時点の従業員 84 名 の 8 割強を占めている。

2. 財務面の分析
・12/12 期~19/12 期の期間では、金融ソリューション事業の拡大を背景に、 売上高は年平均 19.0%、経常利益は同 48.4%増加した。
・成長性や安全性の観点で類似企業に比べやや魅力的な水準にある。

3. 非財務面の分析
・知的資本の源泉は、IT 技術と金融知識の組織的な蓄積にある。

4. 経営戦略の分析
・同社は、ストック型ビジネスへの移行や、金融分野での新サービスの開 始、非金融分野への挑戦等により業績拡大を目指している。

5. アナリストの評価
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、20/12期の業績は、新型 コロナウィルスの感染拡大によって、下期の業績動向に懸念が生じたこと を踏まえ、会社計画をやや下回る 16%増収、9%営業増益と予想した。
・当センターでは、SaaS 形態を利用する顧客の増加により、金融ソリューシ ョン事業を中心とした業績の拡大を見込み、21/12期、22/12期共に、前期 比 5%増収、11%営業増益と予想している。

>>続きはこちら(1.68 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。