ミアヘルサ<7688> 各事業とも拠点網を拡大へ

2020/03/24

主力の医薬事業に加え、介護及び保育事業も関東圏で包括的なサービスを提供
各事業とも拠点網を拡大へ

業種: 小売業
アナリスト: 松尾 十作

◆ 医薬・介護・保育の3事業を行う
ミアヘルサ(以下、同社)は、東京都内を中心に、調剤薬局を運営している医薬事業を皮切りに介護事業、そして保育事業に進出した。収益の柱は医薬事業である(図表1)。

医薬事業では、「日生薬局」という屋号で大型病院前の門前型調剤薬局を中心に20年1月末で41店舗を運営しており(図表2)、うち37店舗を東京都で展開している。自社が運営している介護施設、保育園、同社がフランチャイジーとなっているコンビニエンスストアとの併設や医療モール等へも出店している。また、殆どの調剤薬局は、患者に対する医薬配布について24時間対応を行っており、医薬品の宅配体制も整えている。

同社は、日生薬局を街の健康ケアステーションとして位置付け、定期的に薬剤師・管理栄養士による「健康フェア」やミニ勉強会や相談会を開催している。

介護事業においても東京都内を中心に、介護保険法、老人福祉法、高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づき、各種介護サービスを57拠点(20年1月末)にて提供している。拠点数では通所介護(デイサービス)が13拠点と最も多く、次が居宅介護支援で8拠点である。他にはサービス付き高齢者向け住宅など様々なサービスを行う拠点がある。

デイサービスセンターでは、日帰りで施設利用者が入浴や食事などの日常生活上の支援等を受けられ、家族などの介護者の負担軽減と介護を受けている人の社会的孤立感の解消につなげている。居宅介護支援サービスとは、要介護(1~5)の認定を受けた人が自宅で介護サービスを受けられることができるようにケアマネジャー(介護支援専門員)が手続きを代行するサービスである。

保育事業は児童福祉法に基づき認可保育所等を運営している。20年1月末で東京都内に認可保育所を15園、認証保育所を1園、院内保育所(運営受託)1園、神奈川県内に認可保育所を3園、千葉県内に認可保育所を3園運営している。認証保育所とは、都独自の基準を満たした保育所である。院内保育所とは、病院で働く医師や看護師の児童のための保育所施設である。

>>続きはこちら(1.16 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。