VOYAGE GROUP(3688):宇佐美進典社長 四半期ベースで売上は初の40億円超えとなり、過去最高を大幅更新。営業利益も過去最高を更新、通期予想を早くも上方修正し好調なスタートを切った。

2015/02/06
ifiskabu_banner

説明会開催日:2015年1月28日
代表取締役社長 兼 CEO 宇佐美 進典 氏


VOYAGE GROUPが1月28日に発表した2015年9月期第1Q決算は、アドテクノロジー事業において広告配信の最適化をはかるサービスSSP「Fluct」の業績が特にスマートフォン分野で大きく成長。メディア事業も底堅く成長し、四半期ベースで売上は初めて40億円を超えてきた。売上は前年同期比23.9%増の42.7億円となり過去最高を大幅に更新。また営業利益も25.9%増の5.6億円とこちらも過去最高を更新した。スマートフォン向けSSP事業の順調な推移を背景に通期予想を早くも上方修正した。宇佐美社長は、スマホSSPがSSP事業全体の2/3を占める状況になってきたことを明らかにし、この分野で競合他社に比べ同社が頭を抜けてきたと自信を示した。また、宇佐美社長は、直近リリースした5億円ファンド「MAF(通称:マフ)」についても詳細に説明し、同社の取り組みスタンスについて語り、中長期でスマートフォン分野への投資を強化し、トップラインの成長を目指す方針であると締めくくった。

 

■ダイジェスト版URL (約2分38秒)
ダイジェスト版はこちら

 

■本編URL (約30分)
業績概況はこちら

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ