エプコ(2311)の中間決算は全てのセグメントにおいて、前年同期比増収、営業利益の増加、全社連結で前期比+18.3%の増益を達成

2019/08/29



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2019年8月26日
代表取締役CFO 吉原 信一郎 氏
TEPCOホームテック株式会社取締役 濤岡 賢氏
代表取締役グループCEO 岩崎 辰之 氏

◎業績概要
・売上は前年同期比+9.8%の19.8億円、営業利益は+18.3%の2.4憶円
・昨年度の先行投資の結果、計画比・前年同期比とも増収増益を実現
・売上は各事業の相乗効果により全てのセグメントで増収を達成
・営業利益は計画比、前年同期比とも増益・利益率向上を達成
・TEPCOホームテックの省エネ事業の受託拡大を受けて、持分法投資損益は改善傾向
・東証市場第一部銘柄に指定(2019年8月23日)
・2019年12月期よりセグメント名称を事業モデルに適した名称に変更

 

◎TEPCOホームテック事業概況
・お客さまニーズを踏まえた商材やサービスの投入により業績は堅調に推移
①省エネ事業の取組み状況
・契約金額100万円超の案件比率が上昇傾向
・太陽光発電、蓄電池の比率が上昇している(その他のシステムは伸び悩み)
・B2Cが大半を占める(新築エネカリを含むB2B2Cは伸び悩み)
・さらなるジャンプアップに向けて「既設エネカリの対応加速」と「機会(外部環境)」の積極活用に注力
・エネカリの営業体制は一定程度充足、今後は営業管理システムを活用し好事例の展開に注力
・蓄電池エネカリの受付を開始(5月9日プレスリリース)、複数メーカーとの連携により多様なニーズにお応え
・東京電力ベンチャーズが提供する太陽光シミュレーションサイト「Suncle」と提携
②メンテナンス事業の取組み状況
・入電数は堅調に増加、活性化に向けて認知度の向上を目指す
・東京電力エナジーパートナーが電気・ガスキャンペーンとあわせてHP上に特設サイトを新設(7月~)
・公式LINE@のお友だち登録をしていただいた方にお得な情報をご案内、「お友だち登録」数は順調に増加

 

◎2019年下期以降の事業展望
・東証一部指定の思い:30年先の成長のために
・省エネ事業領域:省エネアセットモデルへのパラダイムシフト
・新事業領域:住宅業界ノウハウを店舗領域へ展開
・海外事業領域:日本事業ノウハウを海外領域へ展開

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.