ERIホールディングス(6083)の個人投資家向け会社説明会「事業内容と今後の事業展開について」

2019/02/26



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2019年2月13日
代表取締役社長 増田 明世氏


 

◎2019年5月期第2四半期業績
・売上は前年同期比+24.5%の72.41憶円、営業利益は+68.2%の3.48憶円
・通期売上は149.16憶円、営業利益は7.57憶円を予想

◎ERIグループの特徴・強み
・建築物の第三者的・専門的検査のトップ企業集団
・建築確認・住宅性能評価ともにトップ・シェア
・業界で唯一、全国を網羅する多数の拠点を配備
・業界最多の有資格者数
・業界唯一の上場企業グループ

◎中核事業について
・確認検査事業業
・住宅性能評価事業

◎成長分野
・省エネ審査業務
・建築ストック業務
・ドローンによる外壁調査

◎新しい分野
・インフラストック
・ICT

◎経営環境の認識
▽市場の転換
・新築(フロー)市場の縮小
・ストック市場の拡大
・省エネ市場の成長
・大都市圏集中・地方空洞化
▽業界の再編
・市場飽和による競合激化
・技術者の高齢化・人材不足
・法改正への対応
・ICT・BIM等新技術の導入
▽自社の変革
・成長戦略の再構築
・意識と行動の変革
・人財(若手・女性)の育成
・グループ経営の強化

◎使命感と行動力でビジョンを達成
▽MISSION
・第三者の中立公正な立場から評価・格付・検査のプロとして社会の安全・安心を担う
→ 日本の建築制度・インフラを支え、社会的使命を果たす
▽ACTION
・環境の変化に対応し、新しい価値の創造に挑戦し、サスティナブルな経営基盤の確立
→人財・ICT・M&A・新規事業へ積極的かつ効率的投資
▽VISION
・全事業で圧倒的な存在感を示し、従業員・顧客・株主・社会の満足度TOP企業となる
→既存中核事業の収益力強化(シェア拡大と生産性向上)
成長分野の新たな収益源確保(省エネとストック分野)

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.

コラム&レポート Pick Up