株式会社リボミック(4591 Mothers)
ブロックバスターの可能性に開眼

2019/11/26

ベーシックレポート
フェアリサーチ株式会社
鈴木 壯

核酸医薬(アプタマー)の創薬ベンチャー
リボミックは、核酸医薬の一種であるアプタマー医薬の研究開発を専門とする東京大学発のバイオベンチャーである。核酸医薬は、低分子薬や抗体医薬による創薬の種が、これまでの開発競争で枯渇化している懸念のなか、治療が難しかった疾患に対する新しい創薬モダリティ(治療手段)として注目を集めている。アプタマーは、核酸の一種であり、疾患の原因になっているタンパク質などの分子に結合し、その動きを阻害するものである。また、アプタマーは様々な疾患に応用できるものが多く、小規模な会社であっても、数多くの新薬の種を保有できる。しかし、その選択性が高い結合力故に、複雑な病理メカニズムの前に挫折を味わうこともあった。リボミックは、過去のアプタマーの挫折の歴史を十分に理解した上で開発を推進している。

RBM-007はブロックバスターの可能性あり
リボミックは、数多くの新薬の種を保有しているが、「選択と集中」を断行した。すなわち、滲出型加齢黄斑変性を対象とした抗FGF2アプタマー:RBM-007に、開発を注力している。滲出型加齢黄斑変性を適応とする抗VGEF薬は、既に1兆円以上の売上げがあるものの、既存薬が奏功しない、あるいは奏功しても薬効が持続しないUnmetMedicalNeedsが高い。RBM-007の市場規模は、4000億円規模のブロックバスターに成長する可能性を秘めている。血管新生抑制のみならず瘢痕形成抑制のデュアル作用を持つ薬剤は他にないため、既存の抗VGEF薬、そのバイオシミラー、また新規の抗VGEF薬とは差別化が図られよう。大胆な前提を置いたうえでの試算値ではあるが、成功確率を30%とおいても、そのパイプライン価値は日米欧で425億円程度と考えられる。

TOFU studyの試験デザインに注目
PhaseⅠ/Ⅱa(SUSHI study)の結果は、安全性・忍容性のほか、薬効も観察できるものであった。しかし、顕著な視力の改善を示すものではなかった。この原因は、試験デザイン(被験者の特性)によるところが大きい。大手製薬会社は、標的と薬理作用の新規性、瘢痕抑制効果に注目している。次のPhase2試験(TOFU study)では、視力の改善を主要評価項目として、視力改善が見込めない患者の組み入れを排除する計画である。リボミックは既に、複数の大手製薬会社と提携協議を継続している。TOFUの結果が判明する頃に提携成立が浮上すれば、大型提携になる可能性は高い。

 

>>続きはこちら(2MB)

TIW/ANALYST NET
ANALYSTNET企業レポート   TIW/ANALYST NET
証券アナリストに限定せずに、コンサルタントや研究者など幅広い執筆者による企業分析・評価によってアナリストレポートへのアプローチと収入基盤の多様化を目指すプロジェクトです。
本レポートは、株式会社ティー・アイ・ダヴリュが「ANALYST NET」の名称で発行するレポートであり、外部の提携会社及びアナリストを主な執筆者として作成されたものです。
  • 「ANALYST NET」のブランド名で発行されるレポートにおいては、対象となる企業について従来とは違ったアプローチによる紹介や解説を目的としております。株式会社ティー・アイ・ダヴリュは原則、レポートに記載された内容に関してレビューならびに承認を行っておりません。
  • 株式会社ティー・アイ・ダヴリュは、本レポートを発行するための企画提案およびインフラストラクチャーの提供に関して、対象企業より直接的または間接的に対価を得ている場合があります。
  • 執筆者となる外部の提携会社及びアナリストは、本レポートを作成する以外にも、対象会社より直接的または間接的に対価を得ている場合があります。また、執筆者となる外部の提携会社及びアナリストは、対象会社の有価証券に対して何らかの取引を行っている可能性あるいは将来行う可能性があります。
  • 本レポートは、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、有価証券取引及びその他の取引の勧誘を目的とするものではありません。有価証券およびその他の取引に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本レポートの作成に当たり、執筆者は対象企業への取材等を通じて情報提供を受けておりますが、当レポートに記載された仮説や見解は当該企業によるものではなく、執筆者による分析・評価によるものです。
  • 本レポートは、執筆者が信頼できると判断した情報に基づき記載されたものですが、その正確性、完全性または適時性を保証するものではありません。本レポートに記載された見解や予測は、本レポート発行時における執筆者の判断であり、予告無しに変更されることがあります。
  • 本レポートに記載された情報もしくは分析に、投資家が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害に対して、株式会社ティー・アイ・ダヴリュならびに執筆者が何ら責任を負うものではありません。
  • 本レポートの著作権は、原則として株式会社ティー・アイ・ダヴリュに帰属します。本レポートにおいて提供される情報に関して、株式会社ティー・アイ・ダヴリュの承諾を得ずに、当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行うことは法律で禁じられております。
  • 「ANALYST NET」は株式会社ティー・アイ・ダヴリュの登録商標です。