株式会社キャンバス(4575 Mothers)
CBP501概ね開発は順調に進展

2019/08/26

フォローアップレポート
フェアリサーチ株式会社
鈴木 壯

CBP501Ph1b拡大相の患者組入はほぼ予定通り進捗
キャンバスの最も重要な開発品はCBP501(カルモジュリン・モジュレーター)である。2019年8月22日に開催された会社決算説明会で、2018年12月からスタートしているニボルマブ(Nivolumab;商品名オプジーボ)及びシスプラチンとの3剤併用療法である臨床第Ⅰ相後期試験Ph1b拡大相の進行状況が語られた。現在までのところ、すい臓がん及び大腸がん(MSS)ともに、患者組み入れ状況は、目標組み入れ数の半数以上に達しており、当初の目標であった今年12月末までに組入完了に到達できる予定は不変である。患者組入が予定通り完了すれば、2020年前半に中間とりまとめを行い、2020年の学会(ASCOあるいはESMO)で、結果が発表される可能性がある。

用量漸増相と拡大相を合わせた感触は=好感触
拡大相の方は、最初の患者組入が2019年1月10日であり、既に初期に組入れられた患者群は3クールの投与と診断を経過しているとみられる。もちろん、途中経過は非開示であり、部外者に途中経過はわからない。ただし、治験前後の生体検査で、免疫染色を行ったところ、まだ少数のデータだが投与前後の免疫細胞の動きに想定していた作用機序を支持する変化が見られている。また、少数例であり、今後の治験の途上で変動する可能性があるが、「すい臓がん」の方では、用量漸増相と拡大相の途中経過の合算(9例)で、無増悪生存期間(PFS)が3.1ヵ月、最終生存期間(OS)も5.6ヵ月と、他の免疫チェックポイント阻害剤のみの治験と比較して2倍近い生存期間の延長となっている。

進行性のすい臓がんの場合、免疫チェックポイント阻害剤のみでは効果が低い
進行したすい臓がん対象の試験では、免疫チェックポイント阻害剤のみの効果は低く、免疫原性細胞死を惹起する薬剤など他の薬剤との併用治験が望ましいという潮流が浮上している。また、すい臓がんの場合、間質が高密度で含まれており、間質に存在する腫瘍随伴マクロファージ(M2)がサイトカインを放出し、免疫原性細胞死により活性化されたT細胞が不活化されてしまう。CBP-501はシスプラチンとの併用で免疫原性細胞死を誘発するのみならず、マクロファージ(M2)が産生するサイトカインを抑制する効果も持つ。CBP-501の拡大相の好感触と用途特許が日米欧3極で成立したことを背景に、拡大相の途中でも提携活動が進展し、契約に至ることを期待する。

>>続きはこちら(1MB)

TIW/ANALYST NET
ANALYSTNET企業レポート   TIW/ANALYST NET
証券アナリストに限定せずに、コンサルタントや研究者など幅広い執筆者による企業分析・評価によってアナリストレポートへのアプローチと収入基盤の多様化を目指すプロジェクトです。
本レポートは、株式会社ティー・アイ・ダヴリュが「ANALYST NET」の名称で発行するレポートであり、外部の提携会社及びアナリストを主な執筆者として作成されたものです。
  • 「ANALYST NET」のブランド名で発行されるレポートにおいては、対象となる企業について従来とは違ったアプローチによる紹介や解説を目的としております。株式会社ティー・アイ・ダヴリュは原則、レポートに記載された内容に関してレビューならびに承認を行っておりません。
  • 株式会社ティー・アイ・ダヴリュは、本レポートを発行するための企画提案およびインフラストラクチャーの提供に関して、対象企業より直接的または間接的に対価を得ている場合があります。
  • 執筆者となる外部の提携会社及びアナリストは、本レポートを作成する以外にも、対象会社より直接的または間接的に対価を得ている場合があります。また、執筆者となる外部の提携会社及びアナリストは、対象会社の有価証券に対して何らかの取引を行っている可能性あるいは将来行う可能性があります。
  • 本レポートは、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、有価証券取引及びその他の取引の勧誘を目的とするものではありません。有価証券およびその他の取引に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本レポートの作成に当たり、執筆者は対象企業への取材等を通じて情報提供を受けておりますが、当レポートに記載された仮説や見解は当該企業によるものではなく、執筆者による分析・評価によるものです。
  • 本レポートは、執筆者が信頼できると判断した情報に基づき記載されたものですが、その正確性、完全性または適時性を保証するものではありません。本レポートに記載された見解や予測は、本レポート発行時における執筆者の判断であり、予告無しに変更されることがあります。
  • 本レポートに記載された情報もしくは分析に、投資家が依拠した結果として被る可能性のある直接的、間接的、付随的もしくは特別な損害に対して、株式会社ティー・アイ・ダヴリュならびに執筆者が何ら責任を負うものではありません。
  • 本レポートの著作権は、原則として株式会社ティー・アイ・ダヴリュに帰属します。本レポートにおいて提供される情報に関して、株式会社ティー・アイ・ダヴリュの承諾を得ずに、当該情報の複製、販売、表示、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行うことは法律で禁じられております。
  • 「ANALYST NET」は株式会社ティー・アイ・ダヴリュの登録商標です。