ポート<7047> 陳腐化の遅いコンテンツ中心に金融及び医療の情報サイトにも足元注力

2019/01/18

就活のための対策コンテンツ中心の情報サイトを運営、成果報酬型広告が収入源
陳腐化の遅いコンテンツ中心に金融及び医療の情報サイトにも足元注力

業種: サービス業
アナリスト: 松尾 十作

◆ 就活情報サイトの成果報酬型広告が収入源
ポート(以下、同社)は、キャリア(雇用)、ファイナンス(金融)、メディカル(医療)等のバーティカルメディアのWebサイトを運営している。バーティカルメディアとは、閲覧者が欲しい情報に速やかにたどり着くように、不要な情報をなくし専門領域に特化しているメディアを指している。

同社は11年に設立され、14年からキャリア領域のWebサイトである「キャリアパーク!」を運営している。「キャリアパーク!」の運営ノウハウを活かし16年にはファイナンス領域のWebサイトである「マネット」、17年にはメディカル領域のWebサイトである「オンラインクリニック」の運営を開始した。

同社が運営するWebサイトは全て、閲覧者が抱える悩みや疑問に対処するためのノウハウ記事がコンテンツの中心である。掲載されているコンテンツと関連性の高い広告を掲載することで閲覧者に対する広告効果が高められるとしている。閲覧者が広告記事をクリック(送客)すると広告主のWebサイトに画面が変わり、この誘導で広告収入を得る、いわゆる成果報酬型広告が同社の収入源となっている。

◆ キャリアサイト「キャリアパーク!」
就活特化型Webサイトである「キャリアパーク!」は、国内最大級のキャリア情報プラットフォームであると同社は説明している。学生や社会人を対象とし、就職及び転職活動に関するノウハウの提供だけでなく、求人情報、就職及び転職情報を掲載してキャリア選択に関して閲覧者の行動を支援している。掲載している広告主(顧客)は求人情報会社や就職・転職支援サービス会社である。非会員でも閲覧できる情報やコンテンツに加え、閲覧者に対して無料会員化を促し、会員限定の就職相談サービスや就活イベント等の情報を提供している。

◆ ファイナンスサイト「マネット」
現在はカードローン・FXに重きを置いたWebサイトである「マネット」は、お金を「借りる」、「貯める」、「増やす」に関連したコンテンツを掲載している情報メディアである。資産運用やローンなどに関心のある人を対象とし、弁護士やファイナンシャルプランナー、金融機関OB等の専門家が監修した金融に関するノウハウの提供を行っている。主たる顧客は金融商品を取り扱う企業である。

◆ メディカルサイト「オンラインクリニック」
現在は生活習慣病に重きを置いたWebサイトである「オンラインクリニック」は、閲覧者が知っておくべき医療情報を、医師率いる医療専門チームがわかりやすくコンテンツを提供する情報メディアである。健康、治療に関心や課題を抱える人を対象とし、顧客は医療機関やサプリメントメーカーである。

他に「ポートメディカル」、「ドクターズダイエット」のWebサイトも運営している。「ポートメディカル」は、テレビ電話、メール、チャットを利用して医師の診療、薬の処方、薬の配送までをカバーしている遠隔診療メディアである。「ドクターズダイエット」は、医療専門家と連携して、オンラインダイエットアドバイスやエクササイズ動画の提供等を行っている。いずれも送客により収入を得るビジネスモデルではなく、閲覧者への課金ビジネスである。

>>続きはこちら(919 KB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ