エクスモーション<4394> エンジニアファーストの経営スタイルで技術参謀集団としての成長を目指す

2018/08/09

「組込みソフトウェア」の設計技術に特化したコンサルティング事業を展開
エンジニアファーストの経営スタイルで技術参謀集団としての成長を目指す

業種: 情報・通信業
アナリスト: 前田 吉弘

◆ 主力事業は「組込みソフトウェア」向けコンサルティング
エクスモーション(以下、同社)は、08 年 9 月の設立来、「組込みソフトウェア」 の設計技術に特化したコンサルティング事業をメインとし、そこで得られた知 見を教育・人材育成事業やツール事業に展開している(図表 1)。

コンサルティング事業は、自動車やロボットやデジタル機器等の製品に組込 まれる「組込みソフトウェア」の品質改善に特化した現場支援を提供している。 特に自動車分野で大きな実績を持ち、車載システムの多くの分野に対し、 主に上流工程を中心とした開発技術の導入を支援している。

コンサルティング内容としては、モデリング技術注1を中心としたソフトウェアの 設計技術や、コード品質を改善するリファクタリング注 2、さらには複数の製品 を効率的に開発するための部品開発や派生開発など、ソフトウェア開発に 有効な多くの技術を得意領域としており、その分野で豊富な経験と技術を 有するコンサルタントを擁している。

同社のコンサルティングは、従来型の提案主体のコンサルティングではなく、 提案した内容を実際に自分たちで実践し、直接課題解決まで手掛けるワン ストップ型の実践スタイルが特徴となっている。

教育・人材育成事業は、独自開発した社内向けエンジニアリング手法習得 用トレーニング教材を、顧客向けの人材育成用トレーニングサービスとして 提供するものである。

ツール提供事業は、コンサルティングで実績のあるソリューションの一部を 低価格で利用可能なツールとして顧客に提供するものであり、現在はソース コードの品質を診断する「eXquto」、モデルの品質を診断する「MODEL EVALUATOR」、異なるモデル同士の変換ツール「mtrip」の 3 つをリリースし ている。

>>続きはこちら(0.98 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。