ポート<7047> メディアの領域拡大を進め、事業規模拡大を目指す

2019/12/17

就職活動や保険に関する情報サイトを運営するインターネットメディア事業を展開
メディアの領域拡大を進め、事業規模拡大を目指す

業種: サービス業
アナリスト: 佐々木加奈

1.会社概要
・ポート(以下、同社)は、就職活動や金融、保険、健康などに関する情報サイトを運営するインターネットメディア事業を手掛けている。運営するサイトは「キャリアパーク!」、「マネット」などである。
・同社はインターネットメディア事業の単一セグメントで、関係会社もない。

2.財務面の分析
・運営するサイトのユーザー数、送客件数の増加に伴い、業績は拡大基調にある。20/3期の会社計画は25.7%増収、26.5%営業増益と、売上高、営業利益とも過去最高を見込んでいる。
・他社との財務指標比較では、売上高の成長率が70%超の高い水準にある。また、安全性に関する指標も問題のない水準である。

3.非財務面の分析
・同社の知的資本の源泉は、仕組化された「ビジネスオペレーション」に「専門性」を付加した独自のインターネットメディア開発方法を確立し、知的財産・ノウハウ(組織資本)の蓄積を進めていることなどにある。

4.経営戦略の分析
・対処すべき課題として、技術革新への対応、高い専門性を有する人材の確保及び育成、内部管理体制の強化などが挙げられる。
・同社は、新規領域への進出や領域内でのジャンルの拡充、小規模インターネットメディアの買収を積極的に進めることにより持続的な事業規模拡大を目指す考えである。

5.アナリストの評価
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、同社が当面は主力のキャリア領域、ファイナンス領域の成長を維持し、中期的には新規領域への進出や領域内でのジャンルの拡充により事業規模拡大を続けることは可能と考えている。
・20/3期業績については会社計画を若干上回る利益水準を予想し、21/3期以降も増収増益が続くと予想する。

>>続きはこちら(2.17 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。