コンヴァノ<6574> 20 年 3 月期の増収増益計画に変更なし

2019/12/04

ネイルサロン「ファストネイル」を関東、関西、東海エリア中心に展開
20 年 3 月期の増収増益計画に変更なし

業種: サービス業
アナリスト: 佐々木 加奈

◆ 事業内容
・コンヴァノ(以下、同社)は、ネイルサロン「ファストネイル」、「ファストネイ ル・プラス」、「ファストネイル・ロコ」を、関東、関西、東海エリアにチェーン 展開している。19 年 9 月末の店舗数は 3 業態合計で 51 店である。
・連結子会社femedia(フィーメディア)はネイルサロン内のモニターで商品 広告や占いなどのコンテンツを放映するメディア事業を行っている。

◆ 20 年 3 月期上期決算の概要
・20/3 期第 2 四半期累計期間(以下、上期)の売上収益は前年同期比 6.8%増の1,238百万円、営業利益は同32.9%増の116百万円であった。 19/3期に出店した6店の寄与と2店のリニューアル効果で増収となり、ネ イリスト増員に伴う人件費の増加をその他のコストの効率化で吸収して増 収率を上回る営業利益の伸びとなった。同社は上期の計画を公表し ていないが、計画線上の結果としている。

◆ 20 年 3 月期の業績予想
・20/3 期の会社計画は期初予想通り、売上収益 2,350 百万円(前期比 4.5%増)、営業利益 215 百万円(同 43.7%増)である。新規出店数が 19/3 期の 6 店から 3 店に減少するため小幅な増収にとどまる一方、 出店費用の減少や商業施設内の店舗の増加による広告宣伝費の抑 制効果などで、二桁営業増益を見込んでいる。
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、上期の順調な進捗を踏 まえて前回予想を据え置いた。

◆ 事業戦略と中期業績見通し
・同社は、立地を厳選した新規出店、既存店舗の収益力強化などに注 力し、持続的な事業規模拡大を目指す考えである。当面の新規出店 は、集客力のある商業施設内が中心となる。
・当センターでは、立地を厳選した新規出店が同社の業績拡大につなが ると考えており、21/3 期以降も増収増益が続くと予想する。

>>続きはこちら(1.84 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。