gooddaysホールディングス<4437> 賃貸物件のリノベーションで、高い入居者獲得率や賃料上昇を実現

2019/04/04

情報システム構築と賃貸物件改修や自社メディアでの入居者募集仲介を手掛ける
賃貸物件のリノベーションで、高い入居者獲得率や賃料上昇を実現

業種: 情報・通信業
アナリスト: 松尾 十作

◆ 連結子会社が事業を担う
gooddaysホールディングス(以下、同社)グループは、純粋持株会社である同社と事業を担うオープンリソース、ハプティック、グッドルームの連結子会社3社から構成されている。同社グループの事業は、ITセグメントと暮らしTechセグメントの2つに分類されている(図表1)。

セグメント別売上高構成比では、ITセグメントが56.8%(18/3期)、暮らしTechセグメントが43.2%(同)となっている。

◆ ITセグメント
ITセグメントはシステム開発等のITソリューションを提供しており、オープンリソースが担当している。顧客先にエンジニアを常駐させてシステム開発に携わり時間単位での契約形態であるSEサービスビジネス、顧客とシステム開発内容及び対価の取り決めに従いシステム開発をする請負ビジネス、請負ビジネスに付随する機器販売等の物販ビジネスからなる。

◆ 暮らしTech セグメント
暮らしTech セグメントは、ハプティックが担当しているリノベーション注1 ビジネ
スと不動産仲介・オペレーションビジネス、グッドルームが担当しているメデ
ィアビジネスから構成されている。

リノベーションビジネスは、住居の賃貸物件向けに設計・施工をパッケージ
化したリノベーションパッケージ「TOMOS」を提供している。「TOMOS」の施
工内容は、床は無垢フローリング注2、壁も床と同調するよう素材感のある仕
様、キッチンは基調となる白色に木目を加えた柔らかいデザイン、天井には
入居者のインテリアに合わせ自由自在に照明器具を配置できるようライティ
ングレール注3 を設置したものとなっている。

不動産仲介・オペレーションビジネスは、不動産仲介サービスとシェアオフィ
ス及びサービスアパートメント運営がある。不動産仲介サービスでは、グッド
ルームが運営している賃貸住宅等の不動産仲介Web サイト「goodroom」を
利用して、入居者受付から内覧の案内、契約までのサービスを提供してい
る。賃貸住宅オーナーからは広告料、入居者からは仲介手数料を得てい
る。

シェアオフィス運営は、オフィス向けのリノベーションパッケージでリニューア
ルした賃貸物件をオーナーより一括で借り上げて、入居を希望する会社に
賃貸している。サービスアパートメント運営も同様で、リノベーションパッケー
ジ「TOMOS」でリニューアルした物件をオーナーより借り上げ、家具家電、
食器や寝具などの生活必需品まで揃えた物件を賃貸し、入居者から賃料を
得ている。

メディアビジネスは、前述のWeb サイト「goodroom」を運営している。
「goodroom」は、グッドルームが独自に定めた掲載基準に基づき物件を掲
載しており、閲覧料は無料である。「goodroom」を通じて閲覧者から賃貸物
件の内覧希望があった場合、当該物件の不動産管理会社に内覧希望者を
送客することで手数料を得、成約にいたった場合は成約課金を得ている。

>>続きはこちら(1.18 MB)

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。