帝人(3401):大八木成男社長CEO 園部芳久執行役員CFO 欧州及び新興国での景気減速の影響などから売上13%減収、営業利益64%減益となった。 事業構造改革による収益基盤立て直しで今期黒字回復を見込む具体的戦略の中身は?~2013年3月期決算発表会より

2013/05/16
説明会開催日:2013年5月9日
スピーカー:代表取締役社長執行役員 CEO 大八木 成男 氏

帝人が5月9日に発表した2013年3月期決算は、欧州に加え新興国での景気減速の影響により海外売上が不調に推移し、売上は前年比13%の減収、営業利益も64%の減益となった。また炭素繊維事業とヘルスケア事業の大幅なのれん減損償却などにより当期純利益は291億の赤字転落となった。大八木社長は、想定以上の海外での景気減速の波への対応が遅れたことへの反省を踏まえ、外部環境に依存しない自助努力による収益基盤の立て直しを誓い、現状の環境認識、事業構造改革および重点プロジェクトの進捗について具体的に語った。

 

ダイジェスト版URL (約2分28秒)
ダイジェスト版はこちら
本編URL (約35分)
業績概況 はこちら


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.