都築電気(8157)の中間決算は2期連続増収増益、第2四半期としては過去10年間で最高売上、最高益を達成

2019/12/05



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2019年11月20日
代表取締役社長 江森 勲氏

 

◎連結業績概要
・売上は前年同期比10.9%増の565億円、営業利益は193%増の10.5億円
・2期連続増収、増益決算
・第2四半期としては過去10年間で最高売上、最高益を達成
・SIが大きく伸長、サービスビジネスも順調に拡大

 

◎中期経営計画の進捗
①コアビジネスの収益性向上
・事例1 コンビニエンスストア向け物流分析サービス
・事例2 大手外食チェーン店舗(3,000拠点)向けIT機器調達・保守サービス
・上期の不採算案件は前期に比べ増加、「プロジェクト管理の強化」「リスクチェックの徹底」により不採算案件の縮減を図る
・電子デバイス事業は「成長分野に経営リソース集中」収益性向上を図る
②成長新分野新領域への挑戦
・AI技術の活用で高精度な退院日予測を実現(麻生情報システムとの共同開発)
・グローバル企業とのアライアンスを強化(英 オウラアライアンスリミテッド社)
・DX分野への取り組み(Arm社とのパートナーシップ契約)
③健康経営の実践
・目標:総労働時間1,900時間以下を目指す
・2019年度ホワイト500現在申請中
・20/3期:組織変更を実施、「健康経営委員会」発足

 

◎通期業績予想
・売上は前期比0.1%増の1,190億円、営業利益は5.5%増の35億円を予想
・前回発表予想からの修正なし

 

◎株主還元
・中間配当は前年同様10円
・期末配当は、30%前後の配当性向を目指す
・株主優待については商品ラインナップをリニューアル

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.