ネオス(3627)の中間決算は、売上高45%増と順調に事業規模が拡大。デバイス事業の拡大基調は継続

2019/11/20



btn03_hvdbtn01_hvdbtn02_hvd

説明会開催日:2019年10月17日
代表取締役社長 池田 昌史氏

◎連結決算概況
・売上は前年同期比45%増の48.6億円、営業利益は2.4億円と増収増益
・売上高45%増と順調に事業規模が拡大
・デバイス事業の拡大基調継続
・営業利益52百万円の増益
・売上拡大、原価低減による総利益の増加
・事業基盤の整備、拡充
▽ハードウェア
・深圳製造ラインの移転・拡張、設備拡充(2019.3)
・深圳内製設計部隊の立ち上げ(2019.4)
▽ソフトウェア
・ベトナムオフショア会社の増資・リソース拡張(2019.4)
・札幌開発拠点のリニューアル(2019.7)

 

◎セグメント別業績推移
・デバイス事業は拡大基調継続、ソリューション事業は案件絞り込み、コンテンツ事業は下げ止まりへ
▽デバイス事業
・各種IoTデバイスの拡大、モビリティも堅調
▽ソリューション事業
・開発体制整備、自社プロダクト強化等、足許の基盤拡充に注力
・リアル事業者向けSI事業は堅調
▽コンテンツ事業
・ヘルスケア事業のコンテンツ事業への統合
・キッズ、教育事業の拡大

 

◎2019年度連結業績予想と展開方針
・レンジ業績予想(売上高Max値/営業利益Min値) に対してほぼ半分の進捗
・売上高:89億円~100億円、営業利益:5億円~8億円を予想
▽ソリューション事業
・ネットサービス化需要の継続
・フィンテックサービスの普及
・働き方改革関連市場の拡大
▽コンテンツ事業
・キッズ/教育市場におけるIT活用の進展
・Nintendo Switch市場の拡大
・健康経営への関心の増大
▽デバイス事業
・音声通訳機市場の定着、拡大
・モビリティ市場の更なる進展
・IoT市場の裾野拡大

 


株式会社i‐Cue(アイキュー)
決算中継「社長のビジョン」   株式会社i‐Cue(アイキュー)
上場会社が投資家向けに実施する会社説明会。ほとんどの会社では、トップの社長から、直接成長ストーリーや将来ビジョンについての説明を聞くことができます。個人投資家にとって、投資判断を左右する情報を読み取れる欠かせない機会となっています。
【各企業の動画一覧ページはこちら】
免責事項
当社の将来についての計画、戦略及び業績に関する予想と見通しの記述が含まれています。これらの情報は現在入手可能な情報による判断及び仮定に基づき算出しており、今後の事業内容等の変化により実際の業績等が予想と大きく異なる可能性がございます。
運営会社:株式会社i‐Cue(アイキュー)
Copyright 2015 i‐Cue Inc.All Rights Reserved.