Macbee Planet<7095> クライアントのLTV(顧客生涯価値)を重視する姿勢に注目したい

2021/03/15

データを活用した分析サービスを提供する成果報酬型マーケティング支援会社
クライアントのLTV(顧客生涯価値)を重視する姿勢に注目したい

業種: サービス業
アナリスト: 大間知淳

1.会社概要
・Macbee Planet(以下、同社)は、データを活用した分析サービスを提供するマーケティング支援会社である。
・マーケティング活動の戦略立案や運用支援を行う「アナリティクスコンサルティング事業」と、Web接客ツール「Robee」を通じて、新規ユーザーの獲得や、既存ユーザーの解約防止を支援する「マーケティングテクノロジー事業」を展開している。多くのクライアントと成果報酬型料金で契約している点に特徴がある。

2.財務面の分析
・18/4期~20/4期の期間では、クライアント数の増加や、成果報酬の拡大により、売上高は年平均38.7%、経常利益は同82.8%増加した。
・類似企業に比べ、収益性、成長性、財務の安全性で優れている。

3.非財務面の分析
・知的資本の源泉は、クライアントのLTV(顧客生涯価値)を重視する姿勢にある。

4.経営戦略の分析
・同社は、美容業界や金融業界等の主要業界以外の顧客開拓の強化や、プロダクトの機能強化・新規開発等を経営戦略としており、売上高と営業利益の拡大を目指している。

5.アナリストの評価
・証券リサーチセンター(以下、当センター)では、21/4期の業績について、第2四半期累計期間(以下、上期)実績が好調であったことや、上期に獲得した新規クライアントの貢献を見込んだことから、前期比26%増収、55%営業増益と、会社計画を大きく上回る水準を予想した。
・中期的には、新型コロナウイルス問題の影響を受けて21/4期上期に落ち込んだ来店型の美容業界向けの回復や、新規クライアントの貢献等を想定し、当センターでは、22/4期は前期比10%増収、19%営業増益、23/4期は同9%増収19%営業増益を見込んでいる。

一般社団法人 証券リサーチセンター
ホリスティック企業レポート   一般社団法人 証券リサーチセンター
資本市場のエンジンである新興市場の企業情報の拡充を目的に、アナリスト・カバーが少なく、適正に評価されていない上場企業に対して、中立的な視点での調査・分析を通じ、作成されたレポートです。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ