7月13日妥当レンジ 8,800円~10,050円
12月決算企業の2Qに注目

2012/07/18

 【IFIS/TIWコンセンサス225】

先週の日銀政策決定会合では、市場の予想通り追加的な緩和は事実上行われなかった。他方で、5日にECB(欧州中央銀行)が預金ファシリティ金利を0%に引き下げた影響から独仏の国債でマイナス利回りが生じている他、韓国、ブラジルが政策金利を引き下げるなど、金利差から円高が進行している。本日(17日)にバーナンキFRB議長の上院での議会証言が予定されているが、米国の追加緩和期待が高まるようであれば円高が加速することが懸念される。
13日(金)には中国のGDP統計が発表された。4-6月のGDPは前期比7.6%となり、8%の大台を割り込んだ。市場予想(7.7%)と大きな差が無かったことから影響は限定的であったが、景気減速による中国国内の不満を抑えるために、金融緩和策に加えて輸出拡大を目指した通貨(人民元)の低めへの誘導策が取られることも考えられる。相対的に円高が進む構造はまだ続きそうである。
こうした為替や世界経済の状況は、企業業績に影響を与えるものと考えられるが、1Q決算段階で業績見通しを下方に引き下げる企業はかなり限定されそうである。その点では業績修正の可能性のある12月決算企業の2Q決算発表を注視する必要があると考える。既に、旭硝子(5201)が下方修正を発表しているが、欧州や中国のテレビ需要の減少、欧州での建築需要の減少など、海外経済の影響を色濃く反映している。

日経225銘柄の12月決算銘柄と発表日は以下の通り。
7月25日発表:花王(4452)、キヤノン(7751)、26日発表:中外製薬(4519)、27日発表:協和発酵キリン(4151)、31日:昭和シェル石油(5002)、8月1日:昭和電工(4004)、2日:アサヒGH(2502)、3日:キリンHD(2503)、旭硝子(5201)、6日:東海カーボン(5301)、東京建物(8804)、7日:サッポロHD(2501)、ブリヂストン(5108)、9日:トレンドマイクロ(4704)、10日:横浜ゴム(5101)。

日経225銘柄以外で注目される12月決算企業は次の通り。
ヤマハ発動機(7272・8/7)、楽天(4755・8/3)、堀場製作所(6856・8/6)、山崎製パン(2212・8/2)、タムロン(7740・8/2)、シマノ(7309・7/31)。

7月13日時点の「IFIS/TIWコンセンサス225」の予想EPSは、今期(1期)693.12円(前週比-6.97円)、来期(2期)790.89円(前週比-4.44円)、再来期(3期)864.89円(前週比-4.83円)とマイナスが続いており、ここ数週間の中ではマイナス幅がやや大きな水準にある。

前週比プラスになった企業数とマイナスになった企業数は、今期(1期)がプラス34社に対してマイナス81社、来期(2期)がプラス37社に対してマイナス78社、再来期(3期)がプラス36社に対してマイナス75社、とマイナス企業数が拡大した。
前週比マイナスとなった企業は、ファーストリテイリング(9983)、東邦亜鉛(5707)、京セラ(6971)、東京エレクトロン(8035)、太平洋金属(5541)、ソニー(6758)、日立建機(6305)、TDK(6762)、エーザイ(4523)、昭和シェル石油(5002)など。エレクトロニクスや非鉄など素材セクターが目立った。

日経平均の妥当レンジは、予想EPS減少と予想ROEの低下を受けて、今回は8,800円~10,050円に引き下げる。間もなく1Q決算が開始されるが、昨今の為替や経済情勢を見る限り、コンセンサスEPSの減少は続く可能性が高く、結果として妥当レンジはさらに押し下げられる可能性の方が(引き上げとなる可能性よりも)高いと思われる。

主力大型株の業績見通しが冴えない中、また東証の売買代金が低水準で推移する中、引き続き中小型銘柄物色の流れが続くと考えられる。『TIWモデルポートフォリオ』には中小型成長企業のラインナップを拡大しているので是非、注目をお願いいたします。
 

◇日経平均妥当水準(レンジ)

8,800円~10,050円 (前回 9,050円~10,350円)

*「IFIS/TIWコンセンサス225」(7月13日)来期予想ベースEPSをもとに算出

 

◇IFIS/TIWコンセンサス225(7月13日)

今期予想EPS 693.12 (前週 700.09円)
来期予想EPS 790.89 (前週 795.33円)
再来期予想EPS 864.89 (前週 869.72円)
今期予想PER 12.59 (前週 12.89倍)
来期予想PER 11.03 (前週 11.34倍)
再来期予想PER 10.09 (前週 10.37倍)
来期予想PBR 0.88 (前週0.92倍)
来期予想ROE 8.01% 前週8.11%)
来期予想
インプライド・リスク・プレミアム
7.55% (前週7.52%)

*7月13日 日経平均終値より、PER、PBR、ROE等を算出

 

株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
TIWマガジン「投資の眼」   株式会社ティー・アイ・ダヴリュ
独立系証券リサーチ会社TIWのアナリスト陣が、株式市場における時事・トピックスや業界動向など、取材に基づいたファンダメンタル調査・分析を提供するともに、幅広い視野で捉えた新鮮な情報をお届けします。

このページのトップへ