山崎元が考える株式市場のアノマリーと投資戦略。「年末高」投資の有効性は?

2018/09/18

トウシル編集部から、10月に特集するので「年末高」について原稿を書いてくれないかという「お題」をもらった。年末に株価が高い傾向についてどう考えるのかということだ。仮にそうであるとして、このような傾向やジンクスのような現象を、株式市場では「アノマリー」と呼ぶことが多いので、今回はアノマリー全般について書いてみることにする。

 

若き日の思い出としての「アノマリー」

 

「アノマリー」は英語ではanomalyと綴る。Oxfordの辞書(OALD)によると、「普通または期待と異なる、物事や状況など」と説明されている。英和辞典(「オーレックス英和辞典」旺文社)には、「変則」、「破格」、「異常」といった強い単語が並ぶが、「異例の現象」くらいが普通の訳だろうか。OALDによると、元々の語源はギリシャ語にあり、これがラテン語(anomalos:注・正しい綴りはnの上に横棒が入る)を通じて16世紀の遅くに英語に入ったとされ、語源的意味は「an=“not”、nomalos=“even”」と説明されている。

意味的には、「ノーマル」であるとされる何らかの基準が別になければならないが、ファイナンスの文脈でノーマルはずばり「効率的市場仮説」だ。効率的市場の世界観では、何らかの方法で作られたポートフォリオが、市場平均に投資するよりもリターン・リスクの効率性にあって有利であることを「異常」あるいは「例外的」だとされる。アノマリーは効率的市場仮説への反証として研究されて来た経緯がある。

さて、筆者にとって、アノマリーは若手のファンドマネージャーだった頃に大いにわくわくしながら研究した思い出深い対象だ。「昔の恋人の名前」にたとえるのは少々情緒に流れすぎだが、少し甘酸っぱい感じのする、懐かしい響きの言葉なのだ。

株式市場における各種のアノマリーが研究され始めたのは、例によってアメリカでだが、1970年代頃から少しずつ研究され始めて、1980年代には「低PER(株価収益率)効果」、「1月効果」、「リターン・リバーサル」、「ネグレクテド・ファーム効果」、「利益予想のトレンド効果」など、ある程度の顔ぶれが揃うのと共に、効率的市場仮説の現実性が疑われるようになってくる。

この頃にファイナンス関係の論文を読んで、新顔のアノマリーを見つけて、それを日本株のデータで試してみると、しばしば「仕事のネタ」になったし、いくつかのアノマリーは、実際にポートフォリオを運用する上で役に立った。

 

<アノマリーの分類>

 

さて、かつての筆者にとって、アノマリーは興味深くまた役に立つ対象だったので、筆者が最初に書いた本で、ファンドマネージャー向けの教科書である「ファンドマネジメント」きんざい(社団法人金融財政事情研究会)・1995年刊https://books.rakuten.co.jp/rb/773153/

の中でも「株式市場のアノマリー現象について」という一章を設けて、アノマリーの説明と分類を試みている。

一文引用すると「アノマリー現象は市場参加者の行動傾向に深く関わっている可能性があり、市場の理解の有力な手がかりであると同時に、より実際的にファンドマネージャーの立場から考えるとアクティブ運用のヒントの宝庫であり検討の価値があります」と述べている。ずいぶん好意的な書きぶりだ。

下の図は、同書の79ページにあるアノマリー現象を分類図解した「Anomaly Map」だ。

1

 

図データ元:「ファンドマネジメント」(山崎元著、きんざい)p79より

 

さて、当時の筆者は、アノマリー現象を、

【縦軸】「情報の伝達」・「情報の解釈」のどちらに多く関わるかと、

【横軸】投資戦略として株価に対して順張り的か逆張り的か、

という二つの観点から分類している。

「市場ポートフォリオよりも、有利なポートフォリオを作ることができる」というアノマリー現象が発生するには何らかの理由が必要だが、それを「情報伝達の遅れなどの非効率性があるか」、「情報を解釈する側の心理的なバイアスがあるか」のいずれかだろうと考えた。

また、株価とアノマリーを使った投資戦略の関係は実際に投資を行う上で重要だった。たとえば、「低PER効果」を使ってPERの低い銘柄をオーバーウェイトするポートフォリオを作った場合、自分が保有する低PER銘柄が市場平均以上に値下がりする残念な事態が生じても、「相対的な低PERが更に強化される」ことに加えて「ポートフォリオ内で相対的なウェイトが上昇しない」ので、その銘柄を持ち続けることが容易だ。これは、ファンドマネージャーにとってありがたい。

Anomaly Map上で、アノマリーの点を示す部分の○や▲は、アノマリー現象を投資戦略に応用する場合を示し、当時の筆者が判断した有効性を示していて、「◎>○>△>●」の順で有効性を高く評価している。

今の目で見ると、いずれもよく知られたアノマリーであり、プロに研究され利用され尽くしているので、全てについてワンランク以上評価を下げたいところだが、相対評価的には、「△収益予想トレンド効果」はもうワンランク上でいいように思う。

有力なアノマリーはそれほど増えていないが、新たにMapを作り直すとすると、「高配当効

果」と「最小分散ポートフォリオ」くらいを追加するだろうか。ポイントを表す印は両者共にせいぜい「△」だろう。

 

アノマリーの使い方

 

実際のポートフォリオ運用にアノマリーを使うとなると、(1)複数のアノマリーを評価してポートフォリオに組み込み、(2)ベンチマークに対するリスクをコントロールしながら、(3)アノマリーの有効性について市場を(特に投資家の様子を)観察し、(4)ポートフォリオの回転スピードについてあらかじめ見当を付けておく、といった手順になる。

ちなみに筆者が実際に使ったアノマリー的投資戦略は、(A)「収益予想改定効果」と「ネグレクテッド・ファーム効果」の合わせ技と、(B)「レジデュアル・リターン・リバーサル」と「低PER効果」の合わせ技、であった。1980年代から1990年代にかけて、どちらも面白いぐらい上手くいった。

ただし、今全く同じことをやっても有効性はかつてほどではないだろうし、ポートフォリオのリスク分析・最適化計算・パフォーマンス分析ができるツールがないと実行できないので、個人の立場で再現しようとすると少々難しい。

ちなみに、昨今時々話題になる「スマートベータ」は、上記の運用手順の「大幅な手抜き版」だと考えられる。実際に話を聞いた訳ではないので確かなことは言えないが、プロのファンドマネージャーの多くがスマートベータについて、魅力的だとは思っていないのではないだろうか。せいぜい「30年くらい前の素朴なクオンツ・アクティブ運用」を自動化したものだ。運用会社の商品ライン的には、廉価版アクティブ運用なので、あまり丁寧なものにはしにくいのだろうが、個人的には、運用商品として少し「雑!」であり過ぎるように思う。

筆者は、かれこれ30年くらいアノマリーを眺めてきたことになるが、

(1)継続的に常に有効であるアノマリーはなかった

(2)傾向として単独のアノマリーの有効性は低下している

ということの二点が言えると思う。

しかし、企業そのものの評価だけで投資するタイプの運用者ではなく、市場参加者の裏をかくことを目指すタイプの運用者にとって、いくつかのアノマリーは、有効だと思えるときに使いたい戦略の「道具」だし、市場の状況を解釈し戦略を考える「ヒント」ではあり続けている。アノマリーについて深く知ることは、今も無駄ではない。いわば、囲碁・将棋の世界で言う「手筋」のイメージだ。

たとえば、新人のファンドマネージャーを鍛える場合に、いくつかのアノマリーについて、論文を読ませて、「なぜそのような現象が起こったか?」、「今後も起こると思うか?」、「運用にはどうやって利用したらいいか?」、「有効な時とそうでないときがあるとすると、どうやって判別したらいいか?」といったテーマについて議論に付き合うことが有効だろう。

 

「年末高」について

 

さて、仮に「年末高」がアノマリーと呼べるくらい顕著な現象であるとした場合、解釈上は、「何らかのもっともな理由があるのに、これが十分に伝わらない」情報伝達上の非効率性があるとでも考えてみることになるだろう。

たとえば「日本企業の経営者は下方修正を嫌うので収益予想を低めに出す傾向があり、3月期決算の会社の収益がだんだん見えて来る決算前年の年末くらいが、当初予想よりも好調である収益の実像が見えて来る時期になる」というような仮説を立てて、

(1)それは事実に合っていて納得的か?

(2)そのパターンがわかっているのにどうして市場参加者がそれを先に織り込まないのか?

(3)同様の情報伝達の非効率は今後も続くか?

と考えてみることになるだろう。

なお、せっかくのトウシル編集部の特集を「ちゃぶ台返し」するようで申し訳ないが。運用の観点で考えると、「年末高のアノマリー」があるかないかについて、筆者はあまり興味を覚えない。

「高い時には、理由があって高いのだろうし、そうでない時も同様だろう。それに、短期的に買ったり売ったりするコストを考えて有効であり続けるほど筋のいい(強力な心理効果に根ざした)アノマリーだとも思えない。そもそも長期投資が有効なのだから、短期での売り買いを前提とするアノマリーには実用上の価値が乏しいではないか」と、自分の仕事を「投資家へのアドバイザー」であると考えて思うのである。

しかし、自分の仕事を「マーケットにコメントする人」だと考えると、「年末高」の有無やその背景のあれこれを知ることには、大きな価値がある。

10月の「年末高特集」を読んで、あらためて考えてみたい。

楽天証券株式会社
山崎元「ホンネの投資教室」   楽天証券株式会社
楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元の提供レポートです。経済やマーケット、株式投資、資産運用のノウハウと考え方など幅広い情報提供をおこなってまいります。資産運用の参考にお役立てください。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:
  日本証券業協会
  一般社団法人金融先物取引業協会
  日本商品先物取引協会
  一般社団法人第二種金融商品取引業協会
  一般社団法人日本投資顧問業協会