個人投資家が知るべき、積立投資11の心得

2022/03/08

●積立投資は過剰に良く見える
●「現在」のリスクは過去の積立で小さくはならない

 

積立投資についてあらためて考えてみた。気づいたことが幾つかあるので、文章の中に番号を振って太字にしてみた。要点を早く知りたい方は、太字部分を拾い読みして頂くといい。

##
積立投資は過剰に良く見える

今回、積立投資について考えたきっかけは、ある人から株価指数の積立投資のシミュレーション・ソフトを作って、投資の普及を促したいという構想の相談を受けたことにある。投資への最初の一歩が踏み出せない人に投資の模擬体験を提供して、投資の普及を後押ししたいという。完全に善意からのアイデアで、その人にビジネスにしようという意図はない。
だが、「国内外の株価指数に連動した投資信託による長期・分散の定額積立投資は、高いリターンをもたらす合理的な資産形成の手段と知られています」といった前のめりとも言える説明を聞いているうちに、少し疑問が湧いてきた。
もちろん、積立投資に限らず、

(1)長期であっても過去のデータは将来のリターンを全く保証しない

という問題がある。投資を20年で考えるとすると、100年のデータを持って来ても「独立な20年」はたったの5サンプルしかないし、今後に経済構造の変化などの可能性もあるので、「長期投資なら損をしない(はず)」とは、全く言えない。
また、理屈上も、「長期なら損をしない」が正しいなら、投資の高いリターンは成立しなくなるはずなので、「安心」を理由に「投資」を行うことには無理がある。
投資はあくまでもその時その時に行う本人の「賭け」だ。
ただ、こうした議論を別としても、積立投資には、特有の性質があるように思う。
以下、積立投資について気づいたことをまとめてみる。
先ず、

(2)積立投資の過去推移は元本増加の効果で過剰に良く見える

ことが気になり始めた。
シミュレーションと言うと一定条件で確率変数を発生させた大規模な計算をイメージするが、この場合、過去の株価指数のリターンを使って一定の時期の積立投資を行った場合の資産額の推移を数字とグラフで見せるのだろう。
過去の株価を用いた積立投資の資産額の推移で投資が上手く行くことを説明するケースは古今東西を問わず少なくない。
しかし、積立投資の資産額推移をもって株式への投資が上手く行くとする説明には少々危うい点がある。
それは、積立投資の資産額推移が「あまりにも良く見える」ことだ。例えば、計算を簡単にするために年間100万円を年初に積立投資するケースを考えよう。投資利回りは年率5%とする。
20年目の年末には、資産額は約3,472万円になっている。但し、この中身のうち2,000万円は積立の元本が増えた効果だ。つまり、資産額推移で見せる積立投資は、「積立貯蓄の効果」と「株式投資の効果」を合わせたものになっているので、全体の印象で株式投資を評価しようとすると過剰に良く見えている。
これを見せて「投資はいいものです」とアピールして初心者投資家の背中を押すのは、少々気が引ける。
加えて、リスクを見せる上でも少々問題がある。

(3)積立投資資産額の過去グラフはリスクが小さく見える

積立投資の資産額のグラフの縦軸は株価が上がった後の積立投資の終端に合わせて大きな数字になっている。このスケールで見ると、投資の初期段階の株価の振れはごく小さく見える。
もちろん、後で振り返って、初期の段階は投資額・資産額自体が小さいので、初期段階の損益の振れは大した問題ではないと言える面もあるのだが、資産額推移のグラフで株式投資のリスクについてイメージしようとすると、リスクが過小に見えるきらいがある。

+++##
(4)「現在」のリスクは過去の積立で小さくはならない

積立投資は、いわゆるドルコスト平均法の説明と共に「リスクが小さい」と説明されることがあるが、「現在抱えているリスク」は、過去にどのような買い方をしたのかとは全く関係ない。
これは当然の話なのだが、忘れられやすいポイントだ。
積立投資が長く続いて(幸いにして)資産額が大きくなっている場合、投資家の事情によってはリスクが過大になっている場合があるかも知れない。資産額が大きいということはリスクの許容額も大きくなっている可能性は大きいが、「積立投資だからリスクは小さいはずだ」と思っていると、リスクを過小評価する可能性がある。
投資家に対して提供する情報として真に価値があるのは、その時点その時点の、ポートフォリオのリスクを評価する事が出来るリスクの計算機だろう。特に複数の資産を組み合わせた場合のリスクの計算と、そのリスクの家計における評価の両方を評価出来るツールが提供できると好ましい。
ついでに言うと、

(5)ドルコスト平均法はせいぜい気休めでしかない

その時、その時の投資の意思決定にとって、過去の買値や取得の平均コストは問題ではない(注:売却時の税金の考慮を除く)。
定額の積立投資が、ドルコスト平均法が働くから有利なのだという説明は止めておく方がいい。
尚、等金額投資(ドルコスト平均法的投資)と等株数・口数投資との優劣は、概ねリターンの時系列の相関が正負何れかで決まるが、現実の株価の動きはどちらだとも言えない。

(6)積立投資の初期のリスク額が過小ではないかを考える価値がある

先に積立投資の終盤のリスク額が過大になる可能性について心配したが、同様の心配は、積立投資初期のリスク額が過小になることにもあり得る。
例えば、豊かな人的資本を持っているものの現在の金融資産額が小さい若い人のような投資家について最適な投資を考えると、なるべく大きな額を早く投資した方がいいだろうし、場合によってはレバレッジを使ってもいいかも知れない。積立投資でのんびりと投資額を増やすのは機会コストの無駄かも知れないのだ。

(7)積立投資は「最適投資額」が定期的に変化していると考えるといい

あれこれ心配点を挙げたが、筆者は、現実の多くの投資家が積立投資を行う事に対して反対ではない。
特に、投資を始めようとする上で「投資するまとまったお金がない」と思っている人は、「まとまったお金」を作るためにも積立投資を始めるといい。
一方、既に投資できるお金がある人は、そのお金を分割して積立投資で投資に振り向けるのは機会コストの無駄だ。
たとえば、サラリーマンのように定期的な収入がある人は、先月の投資最適額に加えて今月積立投資に回すお金を合わせたものが今月の最適投資額なのだと理解するといい。
「最適額に一括投資せよ」という考えと、「積立投資を行っている」という状態とは、上記のような考え方が成立する場合には矛盾しない。
積立投資には、

(8)貯蓄を自動化することによる積立貯蓄効果の享受
(9)ルール化することによる実行しやすさ

といった現実的なメリットがある。
結局、定期的な収入がある人にとっては、先ず投資できるお金は一括で投資して、その後の収入に応じて投資額を増やすことが適切な場合が多いだろう。

(10)「一括投資+積立投資」が最適な投資になる場合が多い

と言えるだろう。
もう一歩進めた状態としては、例えば親子が協力して、

(11)一括投資+積立投資を「二世代運用」でできるといい

のではないだろうか。
親世代から子世代への資産の引き継ぎにはさまざまな形があるだろうが、相続のたびに現金化が起こって、投資の機会を無駄にするのはもったいない。親の最期まで親子にとって適切なリスクを取った運用を続けて、相続後の資産を子供が最適に運用し続けるような資産の継承が出来るといい。
長期に亘って運用されてきた資産の相続について、何らかの優遇措置があるといいと思うのだが、いかがだろうか。
「二世代運用」については、また機会を改めて書いてみたい。

楽天証券株式会社
山崎元「ホンネの投資教室」   楽天証券株式会社
楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元の提供レポートです。経済やマーケット、株式投資、資産運用のノウハウと考え方など幅広い情報提供をおこなってまいります。資産運用の参考にお役立てください。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:
  日本証券業協会
  一般社団法人金融先物取引業協会
  日本商品先物取引協会
  一般社団法人第二種金融商品取引業協会
  一般社団法人日本投資顧問業協会

このページのトップへ