悪材料後退で持ち直しの動きが鮮明に

2021/06/11
状況が良くなってきた
  • ワクチン接種進展で景気見通しも改善
  • 日経平均は頭が重いが主力銘柄は軒並み高値圏
  • 米国長期金利のピークアウトはグロース株の追い風に

ワクチン接種がだいぶ進んできた。Our World in Dataの集計で、ワクチンを少なくとも1回接種した人の割合は人口の12%までになってきた。接種回数は現在1日約60万回のペースだが、7月には政府が目標にする1日100万回に到達するだろう。7月末には少なくとも1度接種を受けた人が人口の34%に達するとの予想が外資系金融機関から出ている。あと少しで、「一番厳しいところ」を過ぎる目途がたってきた。

こうしたワクチン接種の進展を受け、景気見通しも改善している。モーサテ景気先行指数で日本は1ヶ月前には0近傍だったが直近は45と、欧米とそん色ない水準にまで高まった。今週内閣府が発表した5月の景気ウォッチャー調査で、景気の現状を示す指数は前月より1.0ポイント悪化し、38.1と2ヶ月連続の悪化となった。一方、2~3ヶ月先の景気の見通しを示す先行きの指数は、ワクチン接種への期待感などから5.9ポイント上昇し、47.6へと改善した。

出所:テレビ東京モーニングサテライト
景気ウォッチャー調査 先行き判断

出所:Bloomberg

足元の株価の持ち直しは景況感の改善によるものだろう。しかし、それにしては日経平均は2万9000円の壁をなかなかきれいに抜けられないで頭が重い印象だ。一目均衡表を見ると雲が上値の重石となっている。しかし、TOPIXはすでに雲の上に抜け出ている。トヨタ(7203)、日立(6501)、富士通(6702)など日本を代表する主力銘柄が軒並み高値圏にある。日本株相場全体としては地合いはそれほど悪くない。景気ウォッチャー調査の先行き指数とTOPIXは連動している。この先もワクチン接種が進み、景気の先行き見通しが明るくなれば、そのセンチメント改善は株式相場の動向にも反映されるだろう。

日経平均

出所:Bloomberg
TOPIX

出所:Bloomberg
トヨタ

出所:Bloomberg
日立

出所:Bloomberg
富士通

出所:Bloomberg
景気ウォッチャー調査先行き判断&TOPIX

出所:Bloomberg

さらに米国長期金利が明確にピークアウトしてきているのも、特にグロース株の追い風になるだろう。5月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回る伸びとなったものの、10年物米国債利回りは3ヶ月ぶりの低水準となった。これは市場が、足元のCPIは異常値で、高いインフレは一時的なものと受け止めていることを示唆するものだ。今後、実際にインフレが起きるかどうかはまだ分からない。しかし、少なくとも言えることは、CPIを見て市場が動揺するような「インフレ懸念」パニックのステージは完全に過ぎたということだろう。

グロース/バリュー相対株価(赤)&米国10年債利回り(青)

出所:Bloomberg
マネックス証券株式会社
広木隆「ストラテジーレポート」   マネックス証券株式会社
マネックス証券 チーフ・ストラテジストの広木隆が、個別銘柄まで踏込んだ実践的な株式投資戦略をご提供します。マーケットについてTwitterでもつぶやいています(@TakashiHiroki
・当社は、本レポートの内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、
 また保証するものではございません。
・記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、
 勧誘するものではございません。
・過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
・提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
・当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
・投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
・本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに
 転用・複製・配布することはできません。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

このページのトップへ