日経平均 3万円超えの根拠

2020/11/20

来年、株価は上がるだろう。コロナで苦しんだ今年よりは良い年になるだろうからだ。ワクチンもできるだろう。景気も業績も、今年よりは良くなるだろう。であれば株価は上がるだろう。

過去50年間(1970年~2019年)で日経平均が年間で上昇した年は32回あり、その平均上昇率は約20%だった。

内閣府の「景気動向指数研究会」は、2012年12月からの景気の拡張期は18年10月に「山」(ピーク)を付けたと認定した。一方、日経センターが7月末から8月上旬に実施したアンケート調査で、33人の民間エコノミストのうち28人が景気の「谷」は5月だったと答えた。

仮に5月が「谷」なら景気後退期間は19ヶ月。長いこと景気は後退局面にあり、コロナショックで大幅に下振れた4-6月は「最後のトドメ」みたいなもので、逆にそれがあったので一気に大底をたたきにいったようなものだ。つまり、いまは「景気後退は終わっている」のである。景気後退が終わっているなら、いまは景気拡大期に入っているということになる。
過去50年間で日本の景気循環における景気の谷は9回認識されているが、景気が底をつけた翌年の日経平均の変化率を平均すると22.5%であった。来年は「景気が底をつけた翌年」となるのはほぼ間違いない。

上昇相場では日経平均は年20%は上がる。「景気が底をつけた翌年」の日経平均のリターンは22%だった。

これらの点から上昇相場を見込むこのシナリオでは2021年の日経平均の上昇率を20%と仮定する。2020年末の終値を2万5000円と想定し20%の上昇率を当てはめると2021年の年末の株価は3万円が期待できる。

日経平均の今期予想EPSは1080円で、前期実績(1340円)対比2割の減益予想だ。4-9月期の決算をそのまま反映した格好である。一方、来期の純利益はクイックコンセンサスで今期予想対比45%の増益予想になっている。これを当てはめれば来期予想のEPSは1560円になる。今の来期予想が「今期予想」に切り替わる来年5月にはこの数字が見えてくる。その時点でPERは下がるだろう。しかしコロナの収束期待と並行してPERも切り上がるだろう。低金利と過剰流動性が高いバリュエーションを許容する。1560円のEPSをPER20倍で評価すれば日経平均は3万円を超えてくる。

マネックス証券株式会社
広木隆「ストラテジーレポート」   マネックス証券株式会社
マネックス証券 チーフ・ストラテジストの広木隆が、個別銘柄まで踏込んだ実践的な株式投資戦略をご提供します。マーケットについてTwitterでもつぶやいています(@TakashiHiroki
・当社は、本レポートの内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、
 また保証するものではございません。
・記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、
 勧誘するものではございません。
・過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
・提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
・当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
・投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
・本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに
 転用・複製・配布することはできません。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

このページのトップへ