バブルの予兆

2020/07/27

◆NBAのダラス・マーヴェリックスのオーナーでもある資産家で著名投資家のマーク・キューバン氏が先日出演したCNBCの番組でこんな話をした。「18歳の姪っこがいるんだが、何の株に投資したらいいかって尋ねてきたんだ。なんでも彼女の友達が1日で30%も稼いでいるからって言うんだ。姪っこだけじゃない。今まで株なんて一度だって見向きもしなかった連中が次々に訊いてくる。どんな株に投資すべきかってね」。

◆「新潮流」の前身である「投資の潮流」でこんなことを書いたことがある。<バブルの予兆を知る、もうひとつの方法は、株式投資と最も縁遠いと思われる人たちの言動を観察することである。大恐慌の時代のウォール街なら靴磨きの少年、現代の日本なら、さしずめ女子大生や若いOLだろう。普段はおしゃれやグルメにしか興味がない彼女たちがマネー誌を読み始めたら「危ない」と思ったほうがいい。>(2013年1月22日「バブルの見分け方」)

◆テスラの時価総額がトヨタ、ホンダ、日産の時価総額を合わせた額を抜いた。ESGだけでは説明がつかない買われ方だ。背景には50万人近くの「ロビンフッダー」(無料投資アプリ「ロビンフッド」を通じて売買する個人投資家)からの資金流入がある。テスラだけではない。ハイテク株の多くに彼らからのマネーが流れ込んでいる。

◆世界で個人投資家が急増している。在宅勤務や外出自粛で、自宅で過ごす時間が増えた。それが個人投資家が増加した背景にあるようだ。喜ばしいニュースだが、値動きの良さだけを頼りに売買する向きも少なからずいるだろう。今のハイテク株は警戒すべき水準まで買い上げられている気がする。

◆さてキューバン氏は姪御さんにどのようなアドバイスを送ったのか気になるところだ。彼は「株式市場で儲ける唯一の方法はCashing Out (利食い・現金化)することだ。貪欲になるな」と伝えたそうだ。キューバン氏はドット・コム・バブルのピークで自身が設立した会社Broadcast.comをYahoo!に売却、巨額の現金を手にした。そこから彼の成功物語が始まったのである。キューバン氏は今の相場はドット・コム・バブルによく似ているという。ここから先は「利食い千人力」という金言を頭の片隅に置きながら臨む相場だろう。

マネックス証券株式会社
新潮流   マネックス証券株式会社
チーフ・ストラテジスト 広木隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

このページのトップへ