自粛の理由

2020/06/29

◆アイドルグループNEWSのメンバーだった手越祐也氏が緊急事態宣言の最中、女性たちと飲み会をおこなっていたことが世間の批判を浴びた。芸能人であることを考えれば自覚のない行動だっただろう。では、芸能人でなかったら?やはり、自粛するべきであったろう。感染のリスクが高い状況での外出・外食は控えるべきだ。社会のためであり自分のためである。

◆芸能人であろうとなかろうと、結論は「自粛すべき」であるが、その理由が「緊急事態宣言が発令されているのに…」ということだとすると、ちょっと微妙になる。自粛すべきなのは感染拡大のリスクが高いからであって、政府の緊急事態宣言は関係ない。緊急事態宣言には法的拘束力はないのだ。日本人はいまだに「お上」からのお達しに弱いところがある。このコロナ禍で「お上」からのお達しに従わないヤツは不謹慎、という風潮が広がることは危険である。

◆某女性タレントが、届いた「アベノマスク」を下着にしたというSNSへの投稿に批判が殺到して炎上したという。本人もそんなことをSNSにあげるのは半分(というか、ほとんど)「炎上狙い」の確信犯だが、批判の多くは、「不謹慎」であった。確かに非常にくだらない、バカバカしい話である。しかし、これこそ無害な話だ。「アベノマスク」を下着にしたところでコロナの感染が拡大するわけではない。「お上」から賜ったマスクを下着にしたことを「不謹慎」と批判するなら、それこそ問題だ。こちらから「ください」と頼んだわけでもなく、勝手に配られたマスクをどう使おうとそれこそ国民の勝手である。

◆一部のラディカルなメディアでは、昨今の風潮を戦前の空気に重ね合わせる論調も目立つ。この状況で自粛は正論なだけに誰も表立って反論できない。それが同調圧力を生む。そこまでは社会の自然現象のようなものだから仕方ない。問題はそれを政治に利用させないことだ。我が国では個人情報保護という錦の御旗が変な方向に働いて、マイナンバーの普及が進まないといった残念な事態になっているが、真に個人の権利や民主主義を信奉するなら、昨今の「奇妙な」空気には違和感を主張すべきだろう。もちろん、それはあなたの感じ方次第であるが。

マネックス証券株式会社
新潮流   マネックス証券株式会社
チーフ・ストラテジスト 広木隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

このページのトップへ