令和でもよろしく

2019/05/07

◆初めは、どうして4月からにしなかったのか、と思った。令和への改元時期である。言うまでもなく、我が国の年度は4月始まり。そこに改元を合わせれば、「令和元年」入学の新入生や「令和元年」入社の新入社員などが誕生していたはずである。今年の4月に入学・入社したひとたちは、たった1カ月の差で「平成最後の世代」との括られ方がずっとついてまわる。事実上は「令和元年」入学・入社なのに、である。

◆しかし今は、やっぱり5月1日からで良かったと思う。GW(ゴールデンウィーク)の10連休のせいである。平成の大晦日となる4月末にはテレビ各局が特別番組を組んだ。NHKの「ゆく時代くる時代」だけではなく、大勢が平成を振り返り、来る令和の時代に想いを馳せたことだろう。4日に行われた令和最初の一般参賀は14万人以上もの人出を集めた。まさに歴史的な一大イベントを国民総出で祝った。これが繁忙期に当たる年度末から新年度初めであったら、こうはいかなかったであろう。

◆もちろんGW中の改元は、システム変更の作業やリスクを考えてのことだった面もあるだろう。事前には、海外市場が開いている中で、国内の株式市場をはじめ金融取引をこれほど長期にストップさせていいのかという意見もあった。ただ、結果的にGWの10連休が必要だったと思えてくる。憲政史上初となる天皇陛下の退位と即位、それに伴う改元という歴史的イベントは、日本全国が長期の休暇に入り、普段の仕事を離れる「非日常」の中で迎える必要も価値もあった。それくらいの「構え」で臨んでちょうどよい体験ではなかったか。

◆「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国であった」ではないけれど、GWの長い休みを終えると令和であった、という感じである。今日、職場で顔を合わせる同僚、上司、部下たちとどのような挨拶が交わされるだろう。「令和、おめでとう」「令和でもよろしくお願いします」 - 暦年、年度、改元と1年のうちに3回も新年を祝うことができるのはそうざらにあることではない。

◆令和に改まって今日で1週間。読者諸氏はとっくに「令和初の○○」を体験済みだろう。しかし、多くのひとにとって令和の仕事始めは今日からだ。そして小欄も今日が令和初の【新潮流】である。文字通り、新たな気分で令和時代の潮流を綴っていきたい。令和でもよろしくお願いします!

 

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

マネックス証券株式会社
新潮流   マネックス証券株式会社
チーフ・ストラテジスト 広木隆が、投資戦略の考え方となる礎をご紹介していきます。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会