決算集計速報 PART6 昨日と一昨日の決算は

2018/11/09

3月決算企業の中間決算発表が先月下旬からスタートしています。こうしたなか先週は決算発表が一段と本格化し、TOPIX500採用銘柄に限ると先月31日がピークとなりました。しかし、今月に入ってもまだまだ多くの企業が決算を発表しています。そこで今回は11月7日と8日の決算発表をTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に早速集計してみました。

それをみると折り返し地点の中間期ということもあって引き続き多くの企業が業績予想の修正を行っており、7日と8日も3割強の企業が業績予想を見直しています。例えば国際石油開発帝石(1605)や明治ホールディングス(2269)、京浜急行電鉄(9006)では通期の営業利益の見通しを上方修正したことで決算発表翌日に株価が大きく上げました。一方でJXTGホールディングス(5020)も営業利益の見通しを引き上げましたが、年間配当を据え置いたことなどが嫌気され決算発表後に株価は大きく下げています。
 
決算集計速報 PART6 昨日と一昨日の決算はこちらからチェック(PDF)

 

もう一つのヒント

週明けの決算発表スケジュールは

先月下旬からスタートした3月決算企業の中間決算発表も来週は終盤です。したがって来週は決算発表を行う企業も随分と少なくなりますが、そうしたなかで週明けは大林組(1802)や住友ベークライト(4203)などが決算を発表する予定です。
 
週明けの決算発表スケジュールはこちらからチェック(PDF)

マネックス証券株式会社
金山敏之「投資のヒント」   マネックス証券株式会社
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト 金山敏之が、日々のニュースの中から、銘柄選びのお手伝いをします。
・当社は、本レポートの内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、
 また保証するものではございません。
・記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、
 勧誘するものではございません。
・過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
・提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
・当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
・投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
・本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに
 転用・複製・配布することはできません。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会