退屈なことはPythonにやらせよう

2018/12/03

先週、AI用プログラミング言語Python(パイソン)のスクールに申込みました。

この歳でなぜ、と思われることでしょう。実際、渋谷の教室に着くなり、若者たちの、物珍しげな目線を痛く感じました。ただ、米シティグループでは今年からアナリストにパイソンのトレーニングを始めたと聞いていたところに、表題の「退屈なことはPythonにやらせよう」という本のタイトルに惹かれ、一念発起しました。

例えば、メールの中身をチェックし、準備しておいた文章を自動で送信できるとか、Websiteが更新されたら自動でダウンロードし、スプレッドシートを更新できる、などの機能は魅力的です。

今後10~20年で、米国の仕事の47%が機械化される可能性があるというフレイ=オズボーン論文が出たのが2013年。それから5年が経ち、確かに、急速に代替されていることもあります。レジ係のいない「アマゾンGo」もスタートし、日本でもローソンで類似の実証実験が始まりました。

一方、恐らく予想がハズレるものも多いと思われます。例えば、代替される仕事に挙げられている「動物のブリーダー」や「造園業者」などはどうでしょう。

論文では、「機械ができること」に焦点が当たっています。しかし、実際には、人間が「やりたいこと」なのかどうかも重要でしょう。動物好きや庭造り好きはこれらの職を離れ難いでしょう。相場予想でもまだまだAIは勝ったり負けたりで、相場好きの人はやはり市場に残るでしょう。

分野によっては、その作業に「情熱」をもっている人間は、「ルーチン」で計算をしている機械に勝てるのではと思います。かつて女性が洗濯板から解放され社会に出たように、イヤなことは機械に任せ、自分の好きなことに情熱をもって挑むことで成果が上がるはずです。

なにしろまずは、「退屈なことはパイソンに」やらせるため、猛特訓です。そこのところもパイソンがやってくれないかしら、とぼやきつつ、冬休みはこれに集中したいと思います。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那

マネックス証券株式会社
アナリスト夜話   マネックス証券株式会社
チーフ・アナリスト大槻 奈那が、金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信します。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会