震災から8年~災害時に必要なお金は?

2019/03/11

東日本大震災から今日で8年が経ちました。この週末は特番も多く、あの時のことを振り返りつつ、来るべき地震への備えを改めて考えさせられました。

災害対策として、水や簡単な食料などの備蓄は、日本人にはだいぶ定着してきたと思います。一方、まだ意見が分かれるのは災害時の「お金」の問題です。東日本の津波で、家に現金をおいておくことのデメリットが露呈した一方、昨年の北海道胆振東部地震では、停電でキャッシュレス決済が使えず、その弱点が明らかになりました。

2011年から16年で、キャッシュレス決済は40兆円から60兆円へ1.5倍に拡大し、更に足元で普及が加速しています。そんな中で停電が発生したら、一時的に何も買えなくなってしまう事態も考えられます。キャッシュレスで先を行く中国や韓国でも、大規模な災害や通信障害の度に混乱が報じられています。日本でも、災害時の「現金備蓄」の必要性が増していると思われます。

ではいくら準備しておけばいいでしょうか。一部のネット記事では、家族の人数にもよるとしつつ、10万円程度が必要では、とされていました。

ならば10万円を、と一旦考えたものの、最近話題の「アポ電」強盗が頭をよぎりました。あと少しで詐欺の標的年齢に到達する身としては、災害用といっても大金を手元に置いておくのはやはり危険な気がします。

北海道の大停電も、40時間前後で復旧しています。しかも、停電中には、電車も、多くの店舗のレジも止まっているわけで、お金を使おうにもあまり使えない状態でしょう。ひとまず2日程度過ごせるよう、2万円を、つり銭不足に備えて小銭で保管しつつ、電池がすぐに切れる古いスマホを買い替えることにしました。

政府の後押しもあり、日本のキャッシュレス化は急速に広がりつつあります。しかし、世界一の災害大国の日本でキャッシュレス化を進めるなら、もしもの時にも動じない決済の仕組みも考えて進めて欲しいものです。

マネックス証券株式会社
アナリスト夜話   マネックス証券株式会社
チーフ・アナリスト大槻 奈那が、金融市場でのさまざまな出来事を女性目線で発信します。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会