【一粒萬倍/株の宝典】米株、大幅反発。伸びは無い。

2019/08/30

【一粒萬倍/株の宝典】米株、大幅反発。伸びは無い。
91i1y-dkRbL
 
:::

(以下、サマリー)

米国株は、最初の1時間でつけた高値でそのまま高原状態となって引け。ダレることも無かったが、一方で伸びも無かった。主要株価指数で2%以上のものは、ダウ輸送株指数と半導体SOX指数。とくに半導体SOX指数は、主要指数(ダウ公共株指数を除く)では唯一、すべての移動平均線を突破。

そもそも、人民元が11営業日ぶりに反発していた。くわえて、中国商務省が、アメリカと9月に予定されている対面協議について話し合っているという報道。

マクロ的な材料では、米中協議に水をさしかねない問題として、アメリカが華為に関し新たな技術窃取の疑惑で捜査をしていると発表している。アメリカが、中国に対し制裁緩和をしない意思表示がここに現れている。あくまで追い詰める。

一方、一連の米中関税引き上げ競争で、ダメージを受けているとアナリストはよく言うが、昨日発表されたアメリカの国内自動車販売(8月分)は、前年同月比5%増の162万台の見通しであることが判明。

販売台数が堅調、平均販売価格も上昇、8月の自動車購入の支出は過去に例を見ない規模になる。このうち新車販売は過去最高になる。アメリカの消費活動がむしろ活発になってきているということがわかる。

日経CME円建ては20690円。日経平均先物夜間取引は20700円。
現物指数は20460円でしたから、200円級の上昇は期待できそうです。

その他、「ヘッジファンドの窮地~超長期債を渇望するありさま」、「定点観測~半導体SOX指数、ついにすべての移動平均線をブレイク」、「米国7年債入札不調~長短利回り逆転現象相変わらず」、「戦略方針~ポジション管理」等、詳細は一粒萬倍勉強会 https://www.ichiryu-manbai.com/ へ。無料お試し期間あり。

増田経済研究所
増田経済研究所が、今週の東京株式市場の動向を展望します。米国を中心とした国際情勢を踏まえ、誰が今、何を考え、我々個人投資家はいかに対応すべきなのか、分かりやすく解説します。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:有限会社増田経済研究所/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1069号