【一粒萬倍/株の宝典】米国株、売り叩いても、下がらない。

2019/08/08

【一粒萬倍/株の宝典】米国株、売り叩いても、下がらない。
91i1y-dkRbL
 
:::

★ダウ工業株、一時589ドル安(2.2%下落)。引けはほぼトントンに戻す。
昨晩の米国株市場は、寄り付きから大幅反落で始まり、ダウ工業株は一時589ドル安、なんと2.2%の下落でスタート。ところが、これが安値となり、引けまで一貫して下げ幅縮小。右肩上がりで戻して、結局大引けでは22ドル安、0.09%下落と、ほぼ前日終値と同じ水準で着地しました。
同じように、ほとんど微弱ではあるものの、一応マイナスで終わったのは、このほか輸送株とラッセル2000小型株です。S&P500、ナスダック、半導体SOX指数はいずれもプラスに浮上。
移動平均線との位置関係では、半導体SOXだけがわずかですが、50日線を奪回。

★リスク・アンテナ。
ジャンクボンドですが、0.01%の下落と、ほぼ変わらず。
リスク回避の動きは、この3日で収束しつつある、という状況です。
リスクパリティ型のファンドの売りもいったん収束しているのだろうと思われるのは、VIX指数が20台から滑落して、昨晩は19.49まで低下。一応、機械的な売りプログラム発動は抑えられる圏内に戻ったことになります。
後述するプットの膨張がピークアウトして、縮小に向かっているのかもしれません。
まだ市場は疑心暗鬼なのでしょうが、こうした定点観測項目を見ている限り、昨晩まで三日にわたって、下げ止まり、あるいは下げ渋りがかなり顕著になってきています。
明確な反発にまでは至っていないのが残念ですが、早晩反発もしてくるだろうと楽観視しています。

★金利動向~米10年利回りが底入れするタイミングは?
一方、中国という世界は未だに動揺が続いているのでしょう。マネーの流出がまだ止まらないか、止まらないとみた動きなのか、いずれにしろ米10年国債の買いは続いています。
同利回りは一時1.60%まで低下する有様でした。最終的には1.684%ですから、多少戻したといっても、やはりまだ低下しています。
この金利低下が止まらないので、当然ドルは売り圧力にさらされており、金先物はついに1500ドル台乗せ、昨晩は1512ドルまで上昇しています。
要するに、連銀による7月末FOMCでの利下げによって、本来なら出尽くし、国債売り=利回り上昇に転じなければいけないところが、逆に低下してしまったのは、ほぼこのチャイナマネーによる資金流入が効いているのだろうと思われ、この収束が無いと、どうしても米長期金利自体の停滞は続くと考えたほうがよさそうです。
ただ、その中でも利回りがいったん底を入れて、一定の反発をするタイミングがあるとしたら、・・・(以下省略)

そのほか、「日経平均の底入れ」、「プット急増~ということは、もう株は下がらなくなってくる」、「戦略方針~ポジション管理」等、詳細は「一粒萬倍勉強会」サイト https://www.ichiryu-manbai.com/ へ。

増田経済研究所
増田経済研究所が、今週の東京株式市場の動向を展望します。米国を中心とした国際情勢を踏まえ、誰が今、何を考え、我々個人投資家はいかに対応すべきなのか、分かりやすく解説します。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:有限会社増田経済研究所/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1069号