今度は大幅反落。にわかに不穏な米国市場。

2019/07/18

【一粒萬倍/株の宝典】
91i1y-dkRbL
 
:::

★利下げ期待は、一巡か。
6月3日以来、内外株式相場を押し上げてきた最大の神通力であった、「連銀の利下げ」期待も早くもこれで一巡ということでしょうか。米国株市場は軟調続き。おおむね0.5%前後の下落ですから、小幅な下落にとどまって見えます。
しかし、肝心の先行指標であるダウ輸送株指数は、なんと3.6%もの大幅な滑落です。
今度は一気に、25日線ぎりぎりまで押し戻されました。
株価指数で、唯一、ほっとさせてくれたのは、先行業種の半導体SOX指数だけが、唯一逆行高で終わっているという事実でしょう。

★リスク指標は、ぎりぎりのところで踏みとどまる。
非常に心配されたジャンクボンドですが、下げたは下げたのですが、まだぎりぎり6月19日以降の高原状態(往来レンジ)の下限ぎりぎりで止まっています。ただ、25日線割れがこれで2日続いています。
ちなみに、マネー循環を示す米10年国債利回りですが、これは低下(国債買い)になっていますが、25日線近くまで低下しているものの、まだ割り込むような感じではありません。これで6日にわたって、25日線上で、底這い状態というところです。

★米国企業の決算発表。
4-6月期の決算発表が本格化している米国ですが、ポイントはやはりダウ輸送株滑落の主因となった、鉄道株CSXの急落が痛いです。
複合一貫輸送の落ち込みが大きく、CSXは10.27%のほぼ暴落。25日・50日線どころか、一気に200日線まで割り込む惨状です。
これが決算発表の恐ろしいところです。決算は魔物とよく言われますが、事前の需給でとんでもない株価変動を起こしかねません。
この急落は、いわゆる「第一反応」ですから、これで悲観する必要はありません。売り一巡となったCSXと、連れ安した他の銘柄も、ここから株価の落ち着きがでてくるはずですから、そこからどう動くかが重要です。あくまで「第二次反応」を見てから、本当に弱いのか、一時的な需給の解消にすぎなかったのか、判断するべきでしょう。

★ハイテク軟調(フェイスブック「リブラ」問題)~割愛。

★チャイナリスクを整理する(何を危険信号としてチェックしていたらいいのか?)~割愛。

★戦略方針(キャッシュ拡大)~割愛。

(その他仮想運用モデルのポジション管理、銘柄スクリーニングなどは割愛)

以上

★「一粒萬倍」を一緒に勉強しましょう~「一粒萬倍勉強会」★

増田経済研究所
増田経済研究所が、今週の東京株式市場の動向を展望します。米国を中心とした国際情勢を踏まえ、誰が今、何を考え、我々個人投資家はいかに対応すべきなのか、分かりやすく解説します。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:有限会社増田経済研究所/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1069号