【一粒萬倍/株の宝典】G20控えて、様子見。指数まちまち。

2019/06/25

【一粒萬倍/株の宝典】G20控えて、様子見。指数まちまち。
91i1y-dkRbL
 
:::

G20控えて、様子見。指数まちまち。

★ようやく、調整色。
週明けの米国株市場は、頭打ちでした。
主要株価指数はまちまちで、調整色がようやく出て来たようです。それも値幅による調整というよりは、日柄的なものに今のところはとどまっています。一言で言えば、G20控えて、様子見ということなのでしょう。
米中首脳会談が迫っていることから、両国の歩み寄りがみられるのではないか、ということです。
米国のイランに対する制裁は強化。ハメネイ師も制裁対象にし始め、英独仏もイランに「核合意違反」の場合に備えて共同で警告を発しています。
主要3指数はほぼこの三日間、同じ水準え高原状態。ダウ工業株だけプラスで、ほかはマイナスです。

★定点観測。
先行指標のダウ湯剃株指数が比較的大きな下落となっており、25日線まで押し戻されました。ラッセル2000小型株指数も50日線・200日線を相次いで割り込み、25日線が迫っています。
この二つが1%以上の下げになっているわけですから、一応、相場は調整に入ったとみてよいでしょう。
半導体SOX指数はまったく持ち合いです。移動平均線との位置関係は50日線下ということで、変化ありません。
相場全体が一般調整に入ったということは、ダウ公共株指数が史上高値を更新していることでもわかります。
資金が株式市場から逃避するような深刻な調整ではない、ということです。
実際、最大のリスク指標であるジャンクボンドは甘いていどであり、(動きは主要3指数とほぼ同じ)高原状態の持ち合いという状況です。すべての移動平均線を上回り、しかも年初来高値水準でのもみ合いです。
一方マネー循環を示す米10年国債利回りは、年初来最低水準でこれまた揉み合い。若干上昇しているわけですが、これもこの3日ほぼ底辺で底這いに近い動きになっています。

★物色動向。
昨晩の米国市場の物色動向の特色としては、ハイテク(マイクロソフト、フェイスブック、アマゾンなど)に資金が戻り始めている一方で、安全パイのヘルスケアが売られています。ディフェンシブ系すべてが駄目ということではありません。たとえば、コカ・コーラ、P&G、ジョンソン&ジョンソンなどは高いのです。
メリハリは無いので、物色動向に鮮明な変化があるようにはまだ見受けられません。
日本でも日経平均上昇寄与度のトップのほうでは、リクルート6098、NTTデータ9613などディフェンシブ系が幅を利かせている状況ですが、一方で、ソニー6758、ファナック6954、キヤノン7751、ブリヂストン5108など典型的な景気敏感株が、上位に食い込んできていることから、物色対象のシフトが行われている可能性は否定できません。

★戦略方針:

フルポジション持続です。ただ、ダウ輸送株指数が続落なら、やや警戒にポジションを落とさなければならなくなるでしょう。
銘柄のスクリーニングは、「一粒萬倍」勉強会サイトを参照。

★「一粒萬倍」を一緒に勉強しましょう~「一粒萬倍勉強会」★

増田経済研究所
増田経済研究所が、今週の東京株式市場の動向を展望します。米国を中心とした国際情勢を踏まえ、誰が今、何を考え、我々個人投資家はいかに対応すべきなのか、分かりやすく解説します。
本資料は情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。
銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
本資料の情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

商号等:有限会社増田経済研究所/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1069号