利益を上げるための単純な訓練

2019/01/11

毎年大勢の個人投資家を指導しますが、当然のことながら損をしている投資家には足りないところがたくさんあります。その1つに、自分が売買する値動きについて全く理解していない、というものがあります。

 

多くの個人投資家は、「上がりそう」という理由だけで買いを入れ、実際にその後に、どれくらいの期間、どれくらいの値幅上がりそうなのか、全く考えていませんし、知りません。ましてや下がる可能性を、全く考慮に入れません。

 

だから価格が下落すると、何もできず、ただ見ているだけで、損失が拡大します。それならば価格が上昇したら、うまく利食いできるかと言えば、それもできません。

 

なぜならもう少し上がるだろうと、期待を持って買い保有を続け、いつしか下がり始め、次に上がったら利食いしようと思い、価格は下がっていきます。結局利食いしたところは、高値から随分下落し、利益は大幅に減って、「あの時利食いしとけばよかった」という後悔だけが残ります。

 

こんな売買を続けていても、勝てるはずはありません。その理由が、上記に書いたように、「どれだけの期間、どれだけの値幅上昇するのか?」という予想や想定を持っていないからに他なりません。

 

これは、未来のチャート(値動き)の絵を、頭の中で思い描くことです。私はチャートを見た時に、必ず瞬時にこのことを行います。これからこの価格はこんな風に上昇するかもしれない、という具合です。

 

この時忘れてはいけないのは、上昇の絵だけを描くだけではなく、下落の可能性の絵も、同時に描くことです。これからこの価格はこんな風に上昇するかもしれない。しかし逆にこんな風に下落するかもしれない。

 

こうやって両方の可能性の絵を、頭の中で思い描き、上昇の可能性(リスク)に資金を投じるだけの価値があれば買いエントリーします。実際の売買とは、この繰り返しです。

 

しかし私が指導する個人投資家のほとんどは、売買の際に、この絵を描いていません。それでは利益は遠いと思います。利益を上げるために、将来の価格変動の絵を描けるようになってください。これも投資の基本のキです。

 

将来の株価の絵を描けるようには、最低限の知識や理論が必要です。それらを手に入れたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、絵を描けるようになってください。これができるようになると、楽しく利益を上げられるようになります。

 

books-image

 

 

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。