株価が上がりやすい場所

2018/08/12


[PR]【new】あなたはまだ本当の株式投資を知らない?誰も教えてくれない松下誠の投資戦略が話題に

私たちが毎日何気なくみているチャートですが、チャートにおいては、価格が上がりやすい場所が存在します。それは、「移動平均線の上」です。もう少し正確に書くと、終値やローソク足が移動平均線の上に位置していると、そこは価格が上がりやすい場所です。

 

それはなぜか?終値が移動平均線の上に位置していることは、その状態そのものがアップトレンドを意味しています。アップトレンドは、価格が上がりやすい性質を持っています。また終値が移動平均線の上に位置していることは、買いの力が強く、買っている人が利益を上げ、売っている人が損をしていることも意味します。これも、買いが勝りやすい、つまり上がりやすいことを意味します。

 

それでは、移動平均線の上とは、何日の移動平均線の上なのか?これは、5日でも、10日でも、25日でも、75日でも同じです。5日の移動平均線は短期の傾向を表し、75日の移動平均線は、5日に比べると、より長期の傾向を表します。移動平均線の上だからといって、今日100%上がる場所が分かるわけではありません。

 

移動平均線の上は、価格が上がりやすく、移動平均線の下は、価格が下がりやすい場所です。しっかり使い分けてください。

 

本コラムの執筆者である松下誠が、その15年以上の株式投資の経験と、その間学んだ理論や知識を、一冊の電子書籍に集約しました。何も知らない個人投資家が、どんな知識や理論を知れば利益を上げることができるのか?この書籍には、他のどこでも知ることのできない、誰も語っていない、そんな株式投資の秘密を学ぶことができます。松下誠の最新書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」はこちらから手に入れてください。
こちらから書籍を手に入れてください

books-image

この記事を書いている人

松下 誠
投資家を育てる専門家。これまで累計3万人に本物の投資を教育してきた。
セミナー講師として登壇した回数は過去200回以上。参加者は「とてもわかりやすい」「今まで誰も教えてくれなかった理論を教えてくれる」「甘い自分を律してくれる」とセミナーは毎回好評を評している。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。