株式投資は、明確な狙いを持って利益を上げます。だから、狙いを持っていない投資家は、利益を上げることができないのです。

2016/09/09

株式投資とは、予め投資家が明確に定めた狙いを持って利益を上げます。その狙いは、投資戦略であり、投資戦術です。市場の多くの投資家は、そんな狙いを持っていないので、いつまでも利益を上げることができません。

 

【コラム】「有言実行」

投資とは、有言実行の繰り返しである。投資で利益を上げるためには、明確な目標を決め、それを獲りに行く。1回1回の売買の結果はランダムであっても、100回、1,000回と繰り返した時の結果がランダムであってはいけない。「大数の法則」に基づき、繰り返し行われた後の結果を利益に傾けるのが本物の投資だ。前もって「この利益を狙う」と言って、確率的にそのトレードを成功させる。この点において、投資は有言実行である。

 

投資がこのような性質から成立する以上、投資家はトレード前に明確な目標を持っていなければならない。しかし投資の本質を理解しない投資家は、手法や技術で利益が上がると思っているので、明確な目標を持つことなくトレードに臨み、利益を出せないでいる。「利益が上がるかもしれない」と思ってトレードするのではない、「利益を上げにいく」のだ。

 

同じ意味で、「分かっている」と言いながら利益を上げられない投資家は、結果の面から見て、「分かっていない」のと同じである。分かっていることを実行に移し、利益を上げるのが投資だ。利益を上げていなければ、分かっていないのだと自覚しよう、実行できていないのだと、我が身を振り返ろう。

 

分かっていないことを分かっていると言えば、投資の結果はおかしくなる。逆に分かっていなくとも、利益を上げることができれば、それは十分なこともある。「利益を上げる」と断言して、利益を上げよう。有言実行の堅牢な投資家になろう。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ