「なぜか資金が増えない」という人は、ここのバランスが崩れています。株式投資とは予想や賭けではなく、バランスを調節するものです。

2016/08/26

株式投資を続けていて、ずっと資金がトントンとか、減り続けている人は、バランスが崩れています。何のバランスかといえば、この2つのバランスです。株式投資は、予想を当てたり、賭けに出るものではなく、このバランスをプラスに傾けるものなのです。

 

【コラム】「利食いと損切りのバランス」

損切りとは、資金を守る性質のものである。それと同時に、その損切りを続けることで、将来的に利益が積み上がっていかなければ、その損切りポイントに意味はない。つまり、適切な損切りポイントとは、利食いポイントとバランスが取れているのだ。

 

トレードを続ければ、時に損切りに遭遇し、時に利食いに遭遇する。どちらかが永遠に続くことなどあり得ない。ならば、どちらもが必ず現れる中で、利益が積み上がる必要がある。

 

損切りポイントと利食いポイントのバランスが悪ければ、どちらもが現れる中で、損失が積み上がる。俗にいう、「損切り貧乏」だ。損切りポイントとは、対応する利食いポイントとのバランスを計った上で決めるものだ。そうして決められた損切りポイントでトレードを続ければ、利益が積み上がっていくのだ。

 

「損切り貧乏」を嘆くトレーダーは、もともと損切りポイントの意味が分かっていない。損切りポイントの決め方が甘い。損切りポイントは、利食いポイントとのバランスを計って決めるのだ。「損切り貧乏」などという言葉は、本来トレードには存在しない。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ