投資で最も大切なものが、日本の個人投資家に最も欠落しているというのは、皮肉を超えて悲劇です。

2016/08/05

株式投資において最も大切なものは、言うまでもなく「資金管理」です。しかし、現実的には日本の個人投資家には、もっとも欠落しています。これは悲劇です。早く日本の個人投資家に、「資金管理」の概念と意識、スキルが根付いて欲しいと思います。私は、ここから投資を教えます。

 

【コラム】「資金管理」

投資において最も大切なものは「資金管理」と言われる。資金管理とは、何だろうか? 資金管理という言葉は、「資金」と「管理」に分かれるので、「資金を管理(コントロール)すること」だ。つまり、あなたの投資資金を、あなたが自分でコントロールする(できている)ことだ。

 

ある朝、気づいてみると、自分の口座に巨大な含み損が現れて呆然とする。これは、資金管理ができているとはいえない。管理・コントロールされていれば、呆然とすることなどないからだ。資金管理は、あなたの投資が常に平常心で落ち着いて行われていることを約束する。それは、あなたのコントロールなのだ。

 

「明日どんな事態が訪れようとも、次の瞬間に平常心を持って、残された資金で健全に投資を継続できる。」

 

これが単純で真の資金管理だ。どうすれば、あなたの投資にこの状態を常に確保できるのか考えてみよう。それこそが資金管理である。常に資金を管理するための要素とは、エントリー、エグジット、数量(売買量)だ。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ