「利益を上げられる」と確信できても、いつまでもお金を増やせない理由

2016/08/04

私は年間数百人、時には数千人の個人投資家にお会いして、投資を教え、アドバイスを行います。その中には、素晴らしいトレードアイディアをひらめき、嬉しそうに報告してくれる人もいます。そのアイディアや検証数字を確認し、「良さそうだな、行けそうだな」と思うことも多々あるのですが、そんな人たちも、その後思うように利益を上げられずに市場を去っていきます。その人たちは、ある瞬間には、「これで利益を上げられる」と確信するのに、結局失敗してしまうのです。この理由は何だと思いますか?15年もの間、このような人たちをゴマンと見てみましたので、今ではその理由が分かります。

 

その理由とは、「投資とは、お金を増やすことで最終的に勝つわけではなく、お金が減ることに耐えることで最終的に勝つ行為」だからです。このことにほとんどの投資家は気づいていないのです。何か良いトレードアイディアを思いついたり、出会ったりした人は、「これで利益が上がる、お金が増える」という確信を得ます。しかし、実際に売買を行えば、利益もあれば、損失もあります。お金が増えるイメージしか思い描いていない投資家は、お金が減るという現実・事実に対して非常にもろいのです。しかも、「お金が増える」というイメージと、「お金が減る」という現実の間には、大きなギャップも存在します。

 

人は、期待が大きければ大きいほど、現実との間のギャップに打ちのめされます。こうして、せっかくの良いトレードアイディアも、その力を十分に発揮することなく、日の目を見ることなく消えていきます。これが、投資の世界で繰り返されていることです。私はいつも、目の前にいる個人投資家に、本気で「利益を上げて欲しい」と思っています。本気であればあるほど、その投資家へ指導する内容は、「損失を覚悟しろ、損失を受け入れろ」というものになります。これは、口でいうほどカンタンなものではなく、その損失をくぐり抜けたものにしか分からない、痛みや忍耐なのです。

 

だから投資は、一朝一夕では成功しません。また成功しか知らない投資家は、いつかその挫折を痛切に味わうことになり、一人前とはいえません。あなたも投資を続けていると、資金が増え続けてしょうがない時間を経験するでしょう。あるいは、素晴らしいトレードアイディアに出会い、利益の確信が生まれることもあるでしょう。その時に最も大切なことは、次に巡ってくる損失に覚悟を決めることです。受け入れることです。これが本当の意味で理解できれば、いよいよあなたは本物の利益への確信が生まれます。投資で利益を上げるということは、損失への覚悟が決まり、損失を受け入れられた時に始まります。ぜひそのことを知ってください。

 

このコラムは、私が毎朝お送りしている、個人投資家のモチベーションを上げ、投資の力をつけるために配信しているメルマガを引用したものです。毎朝、こんなメルマガで投資のモチベーションと投資力を養いたい人は、こちらのページから私の書いた特別コラムを受け取れば、毎朝配信されます。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ