これは実際に自分のお金を使い、利益を上げ続けた者にしか分からない投資の真実です。

2016/05/18

投資とは、見聞きするのと、やってみるとでは大きく現実が異なる世界です。自分のお金を使ってやったことがない者には、投資の本質を理解することはできません。私は実際に自分のお金を使い、とことんお金を失った後で、増やすことができるようになりました。その私が感じる真実の投資こそが今日のテーマです。私が出会う全ての投資家に勝ってほしいからこそ、敢えて厳しい言葉でエールを送ります。

【コラム】「覚悟」

投資を行っていく過程において、必ず損失を経験する。時には、それが何度も続き、一定期間資金が減り続けることもある。資金が増え続ける投資など存在しないことは、誰が考えても明らかだ。

それならば、利益を上げようとする投資家には、来たるべき損失を耐える覚悟が必要だ。損失に耐える覚悟もなく、利益を上げることなどできない。そんな虫のいい話はないのだ。

あなたは本当に損失に耐える覚悟ができているだろうか。それはどれくらいの額、どれくらいの期間の損失だろうか。このことを真剣に考え、本当に覚悟ができた時、本当にその損失に耐えて、利益を上げることができる。口だけで、「損失への覚悟はできている」と言ったとしても、実際に損失が出始めた時にうろたえているようでは、覚悟ができているとはいえないのだ。

なぜ私が、それほどまでに損失のことをあなたに言うのか教えよう。それは、投資において損失に耐えることは、本当に辛いからだ。口では分かったようなことを言ったとしても、その渦中は辛い。何度も諦めようかと考える。その損失に耐えたからといって、将来的に利益が上がる保証はないのだ。それは自分で選ぶしかない行動だ。そして、損失に耐えた先にしか、利益はないのだ。投資とは続けてこそ、利益を上げることができる行為だ。投資で利益を上げるためには、道中の損失に耐えなければならないのだ。

投資で利益を上げるという目標を掲げた投資家は、同時に、投資で巡ってくる損失に対する覚悟を決めた投資家だ。それが投資という道だ。あなたは、本当に損失に対する覚悟ができているのか。それを確認しながら、投資の道、利益への道を歩き続けてほしい。

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ