株式投資の初心者がはまる損失の罠。複利を理解していないために、損失が致命的になります。

2021/05/04

株の売買において、全てで利益を上げられないのは誰でも分かることです。必ず損をします。頭では分かっているこの事実を、本当に理解するのは、投資を始めてかなり時間が過ぎた後であり、その時資金は回復不能になっています。この理由と致命的な現実について解説します。

 

まず初心者の場合、資金を増やした経験や実績がありませんので、そもそも資金を減らした時点で、回復できるあてはありません。

 

次に、人は10万円損をしたら、10万円利益を上げればいいと考えがちですが、投資ではこの考え方は違います。投資には必ず元本が必要であり、売買の結果は元本に対する率で考えます。

 

100万円の資金の投資家が10万円を失えば、この損失は10%です。ここから100万円まで10万円利益を上げて、資金を回復しようとした場合、90万円の元本で10万円の利益を上げる必要があり、これは約11.1%です。10%の損失を回復するのには11.1%必要。

 

この差は、損失の率が大きいほど拡大していきます。これが複利です。

 

初心者は損失や資金の減少の怖さを知らないうちに損をしてしまい、それは致命的に、回復不能になってしまう現実があります。その原因は資金管理に対する無知や、市場や値動きの理論に対する無知など様々です。

 

資金は一度減るとなかなか元に戻りません。まずはそのことを理解し、慎重に、慎重に、臆病なくらい丁寧に資金を管理した売買を続けましょう。投資も最初が肝心です。

 

この罠にはまらないためには、資金管理が必要です。資金管理を根本から学び身に着けたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、手に入れてください。いくら必死に探しても、具体的で詳細な資金管理はほとんどどこにもありません。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ