5年に一度は大きなチャンスがやってきます。あなたはそのチャンスを生かせていますか?

2021/03/28

株式投資で利益を上げ資金を増やす過程は、決して一直線ではありません。利益が出たと思えば損をして、年利30%以上稼いだと思えば、明くる年にマイナスだったり、山あり谷ありです。

 

そんな山あり谷ありの凸凹な道のりでも、資金を増やしていくためには、地力が必要であり、この力を手に入れるためには、時間をかけてじっくり学ぶ必要があります。

 

このコラムを読んでいる読者のほとんどは、既に投資を始めている経験者であり、しかも資金が未だ増えていない人たちです。この人が、一気に資金をプラスに持っていくことはできません。

 

まずは年間で損失だったものを、何とかプラスマイナスゼロまで引き上げ、その後で、小さな利益を目指します。やっと小さな利益が上がるようになったら、上に書いた凸凹の道を辿りながら毎年真面目に投資を続けます。

 

そうやって足場をしっかり固めながら、地道に真面目に投資をしている人には、5年に一度ほど市場からビッグなプレゼントが届きます。市場には5年に一度くらい大きく儲けるチャンスが訪れるのです。

 

この年は、年利50%やそれ以上、年利100%が上がるようなことさえあります。2000年以降の国内の株式市場では、2005年後半の急騰相場、2008年~2009年のリーマンショック後の底値、2012年12月のアベノミクススタート、2016年の英国のEU離脱決定時の安値、2020年のコロナショックの安値などなどです。

 

地道に真面目に投資をしていれば、5年に一度は放っておいても大チャンスがやってきます。その時まで、しっかり地力をつけて、真面目に投資しましょう。そうすればその大チャンスをつかめます。

 

5年に一度訪れる大チャンスを生かすにも、株式投資の地力が必要です。次の大チャンスを生かすために、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで地力をつけておいてください。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

コラム&レポート Pick Up

このページのトップへ