損失を直視しないと利益は始まらない

2020/09/20

多くの投資家には実感がわかないことですが、市場では大半の投資家が損をしています。私はメルマガやセミナーでのアンケートから、いつもそれを肌で感じています。

 

この記事を読んでいる読者の大半も、投資開始以来の通算では損をしています。損をしている投資家は、まずはその損を取り返し、元の資金まで戻したいと思っています。その後でいよいよ資金を増やす目標への挑戦が始まります。

 

損を取り戻し、さらに資金を増やすのは容易ではありません。ほとんどの投資家が失敗します。それは目の前にある、損失と言う現実を直視しないからです。

 

今までに損をしてきたということは、あなたは利益を上げるのに十分な知識や力、技術を持っていません。その現実を見つめ、受け入れ、知識や力、技術を少しずつ増やさなければいけません。

 

これもほとんどの投資家が考えることですが、一気に損を取り返したい、利益を上げたいと願います。しかし、一気に損を取り返すことも、利益を上げることもできません。

 

ゆっくりと時間をかけて、少しずつ少しずつ取り返し、増やすのです。具体的には、資金を失った時間の倍以上は優にかかります。失った資金と、残された資金のバランス次第では、数倍の時間がかかることさえあります。それが今、目の前にある現実です。

 

まずは現実を見つめ、受け入れ、1つずつ改善していきます。「地に足をつける」という言葉がありますが、私はこの言葉を、いつも心にとどめています。

 

頭では、色々なことを想像し、思い描くものですが、足元を見つめ、一歩ずつ足を進め、その頭の中にある思いや願望に近づいているのか確かめます。

 

理想と現実のギャップを確認しながら、着実に埋めていきます。こうすることでしか、損失を取り返すことも、そのあとでさらに利益を上げることもできません。

 

まずは目の前にある損失を直視して、自分を見つめてください。それから次の一歩を踏み出すようにしましょう。それが損失を取り返し、さらに利益を上げるスタートです。

 

目の前の現実を受け入れ、その上で市場と投資を理解し、利益を積み重ねたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、一歩ずつ利益を上げてください。それが本当に利益を上げるということです。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ