チャートはいつも同じです。どんな風に同じで、そこからどうやって利益を上げるか知っていますか?

2020/08/01

私がよく使う言葉の1つに、「チャートはいつも同じ」というものがあります。投資を始めた当初から使っていると思いますので、もう20年近く使っています。そして毎日チャートを見ながら、そう思います。

 

どんな風に同じかと言うと、「上がっては下がる」、「トレンドを形成し、調整する」、「トレンドは徐々に加速を見せ、やがて行き過ぎを起こし暴落する」、「長く続くダウントレンドは、ボトムでぶん投げの出来高を作る」、「月まで届く上昇はなく、永遠に続く下落もない」。

 

問題は、この中でどんな値動きに優位性と再現性があり、自分が利用し、利益とすることができるのか。チャートがどんなに同じ形を繰り返そうと、そこに優位性や再現性があろうと、自分が利用できなければ意味がありません。

 

まずはチャートを知って、次に自分の売買を作ってください。そこに利益のパターンが完成すれば、あとは資金管理に配慮しながら、延々と繰り返すだけです。それがチャートを使った投資だと思います。

 

チャートがいつも同じであることを学び、そこから利益を上げたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、チャートの読み方、使い方を学んでください。他では手に入らないチャートの読み方を学べます。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ