投資の神様バフェット氏も大きく損をしたようです

2020/05/04

昨日のニュースで、投資の神様ウォーレン・バフェット氏が経営する投資会社バークシャー・ハサウェイが、5兆円超の赤字を出したと伝わりました。

 

さすがの投資の神様も、このコロナショックの災禍を事前に読むことはできません。NYダウ平均株価がこの期間に約38%、S&P500指数が約35%下落したことを考えると、上記のバークシャー・ハサウェイの赤字は、まだましだと思います。

 

バフェット氏の判断は、投資していた航空会社株を売却するというものだったようです。その上で、「米国の成長を止めることはできない」と今後の米国経済への強気と、投資姿勢を鮮明にしたと伝わっています。

 

投資の神様も、個人投資家も、市場の中での存在は同じであり、市場に合わせて淡々と投資を続けていかなければなりません。このニュースで、投資の神様でも大きな損をするという、いたって当たり前の事実が分かったと思います。

 

だからあなたが、市場の下落で損をするのも当たり前です。それを事前に読んで利食いしたり、空売りをかけたりして、利益を上げようという無理な目標を持つのではなく、市場の下落では一定の損をして、次の上昇でまたしっかりと利益を上げるようにしましょう。

 

投資家が市場でできることは限られているのです。

 

市場が下落して損をしても、その後の上昇で利益を上げる。そんな当たり前の株式投資の力を手に入れたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで、本物の株式投資を学んでください。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ