そのままでは口座残高が0になります

2020/04/04

スクールやセミナーを開催している時に、定番となっている質問の1つに、「現在、利益を上げていますか?損をしていますか?」というものがあります。厳しい質問であるのを承知で、現実を認めてもらうために行う質問です。

 

この質問に対して、ケースバイケースですが、ほとんどの場合、6~8割の人が、「損をしている」と挙手してくれます。この人たちに向かって、続けて質問をします。「なぜお金が減っているのに、売買を続けているのですか。その売買を続けて、お金が増えるという確信があるのですか?」

 

この質問をすると、皆さんとても複雑な顔をします。もちろん、今のままの売買を続けてお金が増える確信などなく、ただ懸命に売買しているのです。私はこの人たちに向かって、次のように言います。

 

「今のままの売買を続けていても、お金が減り続けるだけです。今は勝てる確信のない売買を止めて、勝てる確信を作るために勉強する時です。」これは冷静になって考えれば、至極もっともな考えなのですが、資金を失い始めた投資家は、冷静に考えることなどできません。

 

失った資金を取り返さないといけませんし、そのためには売買するしかないのです。しかし、そのまま売買を続ければ、口座残高は減り続け、ほとんどの人は、口座残高が壊滅的な状態になるまで止められません。

 

私はそんな投資家を大勢見てきましたので、今、目の前の個人投資家がそのまま売買を続けたら、どうなるかは想像がつきます。

 

だから毎回同じ質問をして、同じアドバイスをします。もし今損をしている、資金が減っているという人は、売買を続けている時ではありません。売買を止めて、勝てる確信を自分の中に作る必要があります。

 

そのために行うことは、ただ勉強することです。「勉強すれば利益が上がるのか?」という質問には、自信と確信を持って、「利益に近づきます」と答えます。

 

口座残高が0になる前に、今、何をするべきか考えてみてください。そして行動を変えてください。そうすれば、あなたの資金は増え始めるはずです。

 

いつの時も多くの投資家がそのほとんどの資金を失います。「急がば回れ」なのですが、誰も渦中にいる時は気づかないのです。大衆と呼ばれる失う側の投資家になりたくない人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んでじっくり学んでください。市場で勝つ人とは、いつもひと握りの投資家なのです。

 

books-image


まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。