2020年の株式市場は大きく動きます。この大変動の市場で、利益を上げる人と損をする人の違いはコレです。

2020/01/03

 

2020年の株式市場は大きく動きます。事実、NY株式市場の2020年のスタートは、NYダウ、S&P500、ナスダック指数ともに史上最高値更新です。国内市場もこれに続くでしょう。

 

米国市場は史上最高値を更新中ですので、まぎれもなく長期アップトレンドを形成中です。アップトレンドは、市場のファンダメンタルによって作られ、投資家心理によって強化されていますので、続きやすい傾向を持っています。2020年のスタートは、このアップトレンドがどこまで上値を伸ばすかという点が、大きなポイントです。

 

一方の国内市場は、2018年10月高値を超えていませんので、この高値トライの上昇を形成中です。昨年12月17日まで、同高値切り上げに向けて上昇を形成していましたので、1月6日の大発会から、12月17日高値および2018年10月高値切り上げを試す上昇再開となるでしょう。両高値切り上げから、いよいよ本命の上昇です。

 

市場が大きく動くとき、投資家は大きく利益を上げられる反面、大きく損をすることもあります。そしてこの両者の差を分けるのは、明確な2点の違いです。それは、1.厳格な資金管理、2.優位性のある売買ルールの実践。これらを持たない限り、市場がどんなに強い上昇を形成しても、得られる利益に再現性はなく、いつか利益を吐き出します。

 

また強い上昇の後には、それを破壊するような暴落や長期下落調整が現れますので、この時に、巨大な損失を招き壊滅的なダメージを受けることでしょう。2020年は、そんな大変動に突入する市場環境と言えます。これまで以上に、1.資金管理、2.売買ルールを確実に手に入れるようにしてください。

 

どんな市場でも資金を守り、その上でリスクを取って利益を上げたい人は、私が書いた書籍「誰も教えてくれなかった 結果を出す株式投資理論」を読んで手に入れてください。この本には、1.厳格な資金管理と2.優位性のある売買ルールの両方を、明確に解説しました。2020年を利益に変える力になってくれるはずです。

 

すべての株式投資家に送る、私からのメッセージです。

 

books-image


 

まこと投資スクール株式会社
松下 誠★相場の見立て   まこと投資スクール株式会社
投資家が儲けるために必要な哲学・理論・技術を解説します。実際に、市場で利益を上げ、大勢の個人投資家を導いてきた松下誠ならではの相場分析。この見立てを参考に、自分の投資スタイルを作り上げましょう。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。 本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。 投資にあたっての最終決定は利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本情報に基づいて行われる判断について、まこと投資スクール株式会社は一切の責任を負いません。 なお、本情報の著作権は、まこと投資スクール株式会社に帰属します。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

このページのトップへ